科目名 コンピュータ・アート
単位数 2.0
担当者 芸術学部  教授 吉田幸弘, 教授 笠原 浩
履修時期 後期
履修対象 主に国際学部及び芸術学部美術学科の2年生が対象
概要 インターネットをはじめとするメディアの変化によって、今後ますますコンテンツに対する需要は高まると予想される。
コンピュータ環境を中心としたデジタルコンテンツを扱うことは、もはや日常と化している。
本講義では、メディア・リテラシーとしてのコンピュータを用いた視覚芸術作品の、初歩的な制作技術を習得するため、
講義と演習の両側面から指導する。
科目の到達目標 コンピュータは広く普及して、文書の作成やデータの管理などは日常と化している。
そんなコンピュータを、美術作品を作る道具の様に見立てて、「お絵かき」をする様な感覚で作る楽しさや、操る楽しさを体験し、広い意味でのコンピュータグラフィックス作成の初歩的な能力を養う。
受講要件 一般情報処理(AまたはB)を習得していること。
事前・事後学修の内容 創作する心や操ることの楽しさに興味を持っていることが望ましい。
講義内容 1      コンピュータによるコンテンツ制作の概要
      講義の概要とスケジュールの説明、諸注意など

2-8   ①動き表現を用いたコミュニケーションコンテンツの制作。
        具体的には,動くLINEスタンプの制作
2. アニメーション表現の為の基礎講義
3.アニメーション制作のためのAdobe Photoshopの基本操作
4.Adobe Flashの基本操作方法
5.キャラクターコンテンツの創出
6.アニメーション展開作業
7.「アニメ動画に変換する君」操作方法
8.複数動画コンテンツの制作

9-15   ②3Dデジタルコンテンツの作成
       具体的にはShadeを使ってリアリスティックな3DCGの静止画を作成する。課題は1と2の2課題
9 ②の課題説明、課題1のデッサンと計測
10 課題1モデリング(形状データーの作成)
11 課題1マッピング(テクスチャーの作成、貼付け)
12 課題1ライティング(照明の作成、明るさ調整)
13 課題1レンダリング(イメージ図の作成)
14 課題2バックグラウンド(背景画像の作成)
15 課題2レンダリング(IBLによるイメージ図の作成)
評価方法 各課題の提出作品による。
①②のそれぞれで制作した作品を点数化し評価する。
どちらかが未提出の場合は単位習得できない。
教科書等 必要に応じて随時提示する。
担当者プロフィール 笠原 浩教授:芸術学部デザイン工芸学科映像メディア造形分野 日本アニメーション学会会員
吉田幸弘教授:芸術学部デザイン工芸学科立体造形分野 デザイナー
備考