科目名 メディアと社会
単位数 2.0
担当者 国際学部 教授 井上泰浩, 情報科学研究科情報工学専攻 教授 前田香織,芸術学部 教授 笠原浩,
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 近年のコンピュータやネットワーク環境の急速な進展につれて、従来のメディアに対する概念や倫理観などが急速に変化して来ています。メディアの歴史を振り返り、その変化が、イメージ形成や社会にもたらした影響について考察すると共に、現代のネットワーク社会を安全に活用するためのリテラシー教育を、実例を交えながら行うことを目的としている。
科目の到達目標 進展を続ける技術開発と、それに伴う社会環境の変化に対し、積極的に捉え活用するための基礎知識を養う。
受講要件 履修人数によっては過年度生の履修制限を行う。
事前・事後学修の内容 コンピュータ環境、ネットワーク環境の整備された本学の特色を有効に生かすため、出来るだけ多くの講義に出席することを要望する。
講義内容 1.ガイダンス(講義概要)       (笠原、井上、前田)
2.メディアの影響と社会とのつながり  (井上)
3.メディアとグローバリゼーション   (井上 )
4.メディアと情報通信がもたらす社会変化(ソーシャルメディアについて)(井上)
5.情報通信、インターネットの将来像と問題点1 (井上)
6.情報通信、インターネットの将来像と問題点2 (井上)
7.インターネットの技術的基礎知識1(接続構成と識別方法)     (前田)
8.インターネットの技術的基礎知識2(電子メール、Webを中心に) (前田)
9.インターネットの技術的基礎知識3(セキュリティ)    (前田)
10.インターネットの技術的基礎知識4(情報モラルと学内ネット利用) (前田)
11.フィルム・ビフォー・フィルムの時代(笠原)
12.デジタルメディアとデザイン(笠原)
13.メディア社会と映像芸術(笠原)
14.都市の中の映像(笠原)
15.メディアアートとエンターテイメント(笠原 ) 
評価方法 授業への積極的参加・態度等を点数化し,試験及びレポートと合わせて総合的に評価する。
教科書等 井上(泰)担当講義参考書:井上泰浩『メディア・リテラシー 媒体と情報の構造学』(日本評論社)。
前田担当分は電子資料をe-learningシステム(It's Class)で配布。
笠原担当分は適時指示。
担当者プロフィール
備考