科目名 地域再生論入門
単位数 2.0
担当者 特任教授 佐藤俊雄
履修時期 前期
履修対象 1・2年次
概要 人口減少が進行する中で、持続性のある地域づくりを目指し、強みとなる地域資源を活かして産業おこしと地域づくりによる地域再生の最新の動向について、都市と中山間地域のそれぞれのフィールドにおいて、講義します。
科目の到達目標 〇人口減少の進行等の厳しい外部環境においても、地域における官・民の創意工夫に基づく取り組みにより、生き生きとした地域再生がなされていることを理解する。
〇持続性のある地域づくりのためには、第一次産業や専門性を備えた人材等をベースにした産業振興、コンパクト+ネットワーク型の地域社会づくり、都市・中山間地域間の交流、人材の育成と連携が大切であることを習得する。
受講要件 特に無し
事前・事後学修の内容 関連する新聞記事などのメディア情報に関心を持ち、関連するイベントに参加する。
講義内容 1.イントロダクション
2.広島市の都心再生
3.日本初のボールパークによる広島の活性化
4.公共空間を活用した都心の賑わい創出
5.郊外住宅団地の再生
6.起業の拠点づくり
7.小さな企業の連携による新商品開発
8.空家再生による都市の再生
9.建築遺産を活用したまちづくり
10.小さな拠点とネットワークによる持続性のある中山間地域
11.移住による中山間地域の再生
12.IT産業の誘致等による中山間地域の再生
13.六次産業化や法人経営による農業の再生
14.高付加価値化と再生可能エネルギーによる林業の再生
15.人材育成と連携による地域再生
※授業の順序は変更することがある。
評価方法 毎回の事業で課すミニレポートと期末レポートにより評価します。
4回以上欠席した場合は「欠席による不可」とします。
教科書等 地図・グラフなどは必要に応じて資料を配付します。
担当者プロフィール シンクタンク研究員として、都心活性化や地域の産業振興など地域活性化に向けた計画策定、そのための調査研究に長年携わってきました。地域の調査研究などから得られた知見や経験をお伝えしたいと考えています。
備考 シンクタンク研究員として、都心活性化や地域の産業振興など地域活性化に向けた計画策定、そのための調査研究に長年携わってきました。地域の調査研究などから得られた知見や経験をお伝えしたいと考えています。