科目名 経済学
単位数 2.0
担当者 国際学部 准教授 高橋広雅
履修時期 前期
履修対象 1・2年
概要 授業形態は講義です。経済学は、必ずしも「お金」に関わることを学ぶ科目ではありません。従ってお金の儲け方が分かったり、株価の予測が出来るようになるわけではありません。
それは限られた資源をどのように使えば有効に使用できるかを考える学問です。そのためには人間の意思決定やその相互依存関係を知る必要があります。
このことは人や社会を理解することでもあります。

科目の到達目標 経済学の基本的な発想や見方の修得をめざします。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 授業後は、授業内容を復習し分からないことがあればすぐに質問する。
授業に関係する情報を常に収集する。
講義内容 1 ガイダンス
2 経済学とは何か
3 経済学の基礎概念
4 市場と価格(定義)
5 市場と価格(役割)
6 完全競争市場(定義)
7 完全競争市場(役割)
8 社会的余剰(消費者余剰)
9 社会的余剰(生産者余剰)
10 社会的余剰(応用)
11 規制と社会的余剰(数量規制)
12 規制と社会的余剰(価格規制)
13 政府の役割と経済政策の必要性
14 独占と公共財
15 知的財産保護の経済学
評価方法 期末試験(80%)とレポート(20%)で評価します。
教科書等 特定のテキストは使用しません。講義ノートを配布します。
参考書
ジョセフ・E・スティグリッツ『スティグリッツ入門経済学(第3版)』藪下史郎他訳、東洋経済新報社。
トマス・ソーウェル『入門経済学』ダイヤモンド社、2003年
担当者プロフィール 専攻:マクロ経済学、経済成長論、経済政策論
備考