科目名 化学概論
単位数 2.0
担当者 システム工学専攻 准教授 福島 勝
履修時期 後期
履修対象 1 年
概要 現代の社会生活は、様々な機能をもつ多種多様な物質によって支えられている。これらの物質は、数十種類の元素から構成されており、そのいろいろな組み合わせによって、各々の物質に特有の機能が発現されている。
この講義では、物質に共通な性質(化学結合、物の集まり方、物質の変化の仕方など)を学び、物質界全体を見渡すとともに、生活の中にある多様な現象を化学の目を通して解説する。
科目の到達目標 日常に起こる身近な現象、あるいは、絵画や彫刻などの創作活動の際に見過ごされている変化などを、化学的な見地から眺ることができる素養を身に付けてもらう。
受講要件 特に、なし。
事前・事後学修の内容 講義時間以外でも、講義内容を頭のすみに置いておいて、身近で起こる現象を、化学的に考えて欲しい。
また、講義内容に関連しているのではないか、と思われる現象に気付いたら、講義中でも、質問してくれて構いません。
講義内容 1 化学とは
2 物質のなりたち
3 原子の構造
4 分子の構造
5 化学結合
6 化学反応
7 化学反応と熱
8 純物質
9 混合物
10 水溶液
11 有機化合物
12 化学平衡と反応機構
13 無機化合物
14 酸化還元反応
15 化学の応用

毎回、講義の最後に、その講義で最も重要な項目について、簡単な質問を行う。
評価方法 学期末試験の結果により評価を行う。なお、学則に順じ、出席回数は、3分の2以上の受講者のみ、評価を行う。
教科書等 教科書:市村禎二郎著「環境とエネルギーの科学入門」(講談社サイエンティフィク社)
担当者プロフィール 所属 : 情報科学研究科、システム工学専攻。
専門 : 物理化学。特に、簡単な分子の孤立状態(外界とエネルギー的に孤立した、という意)における量子的振る舞いについて興味をもっており、分子分光という実験的手法により得られた実験結果を基に、理論的、および、数値計算(シミュレーション)的考察とも組み合わせて、この"分子の振る舞い"に関する研究に取り組んでいる。
備考 授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。