科目名 情報科学概論
単位数 2.0
担当者 情報科学研究科 教授 高橋 健一  准教授 岩根 典之
履修時期 後期
履修対象 1年次
概要 この講義では、高等学校における必修教科「情報」で得た知識を前提に、大学の一般教養教育としての情報学について学ぶ。特に、情報倫理と情報セキュリティについて、グループ討論やプレゼンテーションを通して、その重要性を再考する。また、コンピュータの動作原理を踏まえ、プログラミングやデータベースの考え方についての理解を深める。さらに、情報機器を用いたコミュニケーションや情報システムについての理解も深める。授業形態は、講義を中心に実施するが、必要に応じて、コンピュータ演習を取り入れる。
科目の到達目標 情報およびコンピュータに関する基礎理論や概念および応用知識について理解し、それらを自由自在に活用できる技能を身に付ける。
受講要件 広島市立大学におけるコンピュータ利用環境およびネットワーク環境を初めとして、コンピュータリテラシーや情報倫理について、前期講義科目「情報基礎」を通じて理解しておくことが望ましい。また、コンピュータリテラシーについて、基本的なスキルをある程度身につけておくことが望ましい。
事前・事後学修の内容 予め、高等学校普通教科「情報」で学んだ内容を復習しておくことが望ましい。事前学修として、教科書を読み、ノートに整理する。事後学修として、プリント(課題など)を配布するので、ノートを再整理する。
講義内容 1.科目ガイダンス
2.情報倫理と情報セキュリティ(調査)
3.情報倫理と情報セキュリティ(討論)
4.情報倫理と情報セキュリティ(発表)
5.アルゴリズムとプログラミング
6.プログラミング言語
7.プログラミング例題
8.情報のデジタル化とコンピュータ
9.情報とコミュニケーション
10.インターネット
11. データベースとデータモデリング
12.データベース操作言語SQL概要
13.データベース操作言語SQL例題
14.さまざまな情報システム
15.まとめ
評価方法 授業態度(ノートを含む)とレポートにより評価する。評価基準は学生便覧記載のとおりである。
教科書等 教科書:北上 始 編「一般教育の情報」(あいり出版)
参考書:駒谷・山川・中西・北上・佐々木・湯瀬「情報とネットワーク社会」(オーム社)
川村・和田・立田・岡田・佐々木・山口「情報とコンピュータ」(オーム社)
担当者プロフィール [高橋 健一] パターン情報の知識処理に関した研究を行っている。
[岩根 典之] 学習システムのモデル化や設計に関する研究に従事。

【学生の学習指導・支援体制について】授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考