科目名 基礎生化学
単位数 2.0
担当者 情報科学研究科 医用情報科学専攻 講師 香田 次郎
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 理科系学生を対象として,生命現象を理解する基礎となる生化学に関して,細胞を構成する分子の構造と機能,遺伝情報発現,代謝,バイオテクノロジー技術などについて講義する。また,現代社会における生命科学の諸問題と関連させながら講義を進めることで,自然環境の一員として我々は何をすべきか,如何に生きるべきかを考える力を養う。
授業形態:講義
科目の到達目標 細胞を構成する分子の構造と機能,遺伝情報発現,代謝,バイオテクノロジー技術について化学的な視点から理解する。
現代社会おける生命科学の諸問題に対して,生化学の観点からの認識と整理,調査・研究,意見のまとめができるようになる。
自然環境の一員として我々は何をすべきか,如何に生きるべきかを化学的な視点から思考する方法を身に付ける。
受講要件 私語などの他の受講生の迷惑となる行動をしないこと。

高等学校での生物の知識を前提とはしないが,高等学校の化学の知識を前提とするので,前期開講の基礎化学を履修していると理解が容易である。

本講義の内容は医用情報科学科における生物・生体系専門科目の基礎となるので,医用情報科学科への配属を考えている者は履修しておくことを勧める。
事前・事後学修の内容 事前学修
 教科書の指定範囲(e-learningシステムに記載)を読み,単語を調べたり,内容をノートやレポート用紙などに整理する。詳細は別途指示する。
事後学修
 教科書の章末問題を解くとともに,e-learningシステムで実施する小テストにて理解度を確認する。

その他,詳細について第1回目の講義で説明するので受講希望者は必ず出席すること。
講義内容 1. 生物の特徴
2. 細胞
3. タンパク質
4. 糖質
5. 脂質
6.核酸
7. 酵素
8. 糖代謝(解糖系・グリコーゲン代謝・クエン酸回路)
9. 糖代謝(糖新生,ペントースリン酸回路),ATP合成
10. 脂質代謝,アミノ酸代謝,消化・吸収
11. 光合成
12. 複製
13. 転写
14. 翻訳
15. バイオテクノロジー

※上記とは別に期末試験を実施する
評価方法 生化学に関する基礎知識の修得度を期末試験により,生化学の分野における問題の認識と整理,調査・研究の達成度をレポート課題により,講義への取り組み方をレポート課題,小テストやアンケートなどにより総合的に評価する。
評価の配分は100点満点中,期末試験を60点,事前学修を含むレポートおよび授業支援システムで実施する小テストを合わせて40点として,広島市立大学履修規程にしたがって評価する。
教科書等 教科書:田村隆明著「わかる!身につく!生物・生化学・分子生物学」(南山堂)
参考書:高校時代に使用した化学,生物の教科書,資料集のほか,
(1)長野敬,牛木辰男監修,「新課程 サイエンスビュー 生物総合資料」(実教出版)
(2)田村隆明著「スッキリわかる!グングン身につく!生化学ドリル」(南山堂)
 教科書に準拠した問題集,演習を通して理解を深めたい人向け
(3)B. Albertsら著,中村桂子,松原謙一 監訳「細胞の分子生物学 第5版」(ニュートンプレス)
(4)D. Sadava他著,石崎泰樹,丸山敬監訳「カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学」(講談社)
(5)D. Sadava他著,石崎泰樹,丸山敬監訳「カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学」(講談社)
(6)D. Sadava他著,石崎泰樹,丸山敬監訳「カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第3巻 分子生物学」(講談社)
その他,講義中に適宜指示する。
担当者プロフィール 医用情報科学専攻 バイオ情報学研究室のホームページ
http://www.bio.info.hiroshima-cu.ac.jp
をご覧下さい。

【学生の学習指導・支援体制について】
学生の個別学習相談は随時受け付ける。
事前にメール等で日程調整のうえ,学内サイネージ等に掲示されている教員所在で在室を確認して来訪すること。
備考