科目名 デッサン概論
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 森永昌司、准教授 志水児王、講師 佐藤尉隆、他
履修時期 前期
履修対象 1年
概要 美術の基礎的な表現の理解を深めるため、デッサンについて学ぶ。芸術学部美術学科の複数の教員が担当し、オムニバスな授業を展開する。簡単な模写などによる表現指導を含めて概説する。
授業形態: 講義(スケッチブックへの描画を伴う)
科目の到達目標 デッサンの手順を学びながら、絵画や彫刻の美術の歴史を理解できるように、美についての基礎的な教養を学び、芸術を理解するための素養を身につけることを目的とする。
受講要件 美術に関心を持って、受講されることを特に望む。
事前・事後学修の内容 オムニバス形式による芸術学部美術学科の教員による指導になるので、それぞれの時間内に終了する課題を前提に講義を行う。
講義内容 スケッチブックに課題を積み重ねていくという授業展開となるので用具を準備すること。(オリエンテーションの際に詳しく指示する)
 1 導入 デッサンとは(オリエンテーション)
 2 素描の基礎1 コンポジション
 3 素描の基礎2 プロポーション
 4 素描の基礎3 ムーブマン
 5 素描の基礎4 バルール
 6 素描の基礎5 ディテール
 7 デッサンの展開1 西洋の美術史を中心に概説 ゴシックとロマネスク
 8 デッサンの展開2 西洋の美術史を中心に概説 イタリア・ルネッサンス期
 9 デッサンの展開3 西洋の美術史を中心に概説 遠近法の成立
10 デッサンの展開4 西洋の美術史を中心に概説 バロック期
11 ドローイングの展開1 近・現代の造形を中心に概説 キアロスクーロ
12 ドローイングの展開2 近・現代の造形を中心に概説 グラフィック
13 ドローイングの展開3 近・現代の造形を中心に概説 写真
14 ドローイングの展開4 近・現代の造形を中心に概説 アニメ・漫画
15 まとめ(スケッチブックの提出)
評価方法 授業時間内の課題提出、レポート形式の試験により総合的に評価する。講義の最後に時間中に行った課題(スケッチブック)を提出。スケッチブックは試験日に返却するので必ず出席すること。試験として、レポート形式の課題を課すので、講義を通して学んだことを整理しておくこと。評価の基準は、授業の内容が理解されて課題を提出していれば「可」とし、なおかつ授業についての学んだことが自らの見解をもって述べられていれば「良」とする。さらに取り組みのレベルの高い、学習成果の見られるものを「優」とし、極めて秀れているいるものを「秀」とする。

教科書等 教科書:特に指定しない
受講に際しては、スケッチブック(F4)、H、HB、B、2Bの鉛筆(4本)、消し具を 必ず用意すること。 その他、用紙や描画材料以外に必要な場合は事前に指示をする。
担当者プロフィール 学校案内等参照。
備考