科目名 油絵入門
単位数 2.0
担当者 芸術学部 教授 大矢英雄、教授 森永昌司、准教授 諏訪敦、准教授 志水児王、講師 釣谷幸輝、講師 佐藤尉隆、助教 向川貴晃
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 油絵の材料・技法を概説し、理論と演習を通して油絵の基礎的な表現方法を体験し、あわせて油絵の鑑賞眼を養うことを目的とする。
授業形態:日程およびスケジュール説明、参考書による講義、演習及び実習、中間及び最終講評。
科目の到達目標 描画を実際に行うことで絵画に対する鑑賞眼を養い、絵画・芸術への認識を深める。
受講要件 特にない。
事前・事後学修の内容 経験の有無は問わないが、積極的な取り組み姿勢を望む。
講義内容 1 導入
2 油絵の材料・技法の概説
3 鉛筆デッサン 幾何形態 (選出とセッティング)初歩的な方法論、演習
4 鉛筆デッサン  〃 (道具の使い方、構図について)
5 鉛筆デッサン  〃 (明暗、空間について)
6 油彩 静物 用具説明、「静物画」について
7 油彩 〃  有色下地
8 油彩 〃  モチーフ選び
9 油彩 〃  モチーフセッティング
10 油彩 〃  有色下地上に木炭及び鉛筆による下書き
11 油彩 〃   油絵具による下描き
12 油彩 〃  白色浮出による描写
13 油彩 〃  固有色の描写
14 油彩 〃  仕上げ
15 油彩 〃  講評、まとめ  
(授業ごとに7名の油絵専攻教員全体で分担し、多様な教員による指導を行なう。)
評価方法 実習中の取り組みの積極的参加度や授業態度を重視し、作画した作品を採点する。
実習中の指導に則して関心を持って制作したと認められ、講評時に作品提出がなされた場合に、単位取得の基準を満たしたものとして評価する。
判定基準として課題への取り組みの姿勢が最低限に満たされ、講評時に作品提出がなされている場合は「可」とし、提出作品の内容に工夫が認められる場合「良」とする。これらに加え、制作において各々が問題意識と自分の取り組むべき課題意識を見つけ出す積極的性や工夫など、授業態度も含めた総合的観点において高い学習成果が認められたものを「優」とする。その中でさらに表現力や独自性を表した制作について「秀」とする。
教科書等 教科書:特になし
参考書:佐藤一郎 「絵画制作入門」(東京藝術大学油画技法材料研究室)
 各人油彩道具一式を必要とする。新規購入の場合、おおよそ8,000円程度。
 詳しくは講義時に説明する。
 受講希望者多数の場合、人数制限することがある。
担当者プロフィール 別掲参照。
備考