科目名 情報基礎
単位数 2.0
担当者 情報科学部 准教授 中野 靖久 助教 齋藤 徹
社会連携センター 島筒 博章(第13回担当)
履修時期 前期
履修対象 1年(芸術学部美術学科対象)
概要  パソコン、タブレット端末、スマートフォン等の情報機器を利用する際に身に付けておくべき情報倫理、セキュリティ、知的財産権などに関する基本的知識を学習する。あわせて、情報機器の操作に関する基礎的技能を習得する。基礎知識に関する講義と実際にアプリケーションを操作して課題を達成する演習を行います。
科目の到達目標  大学における勉学あるいは日常生活においてパソコン,スマートフォンなどの情報機器は不可欠のものとなっている.また,高度情報化社会に生きる現代人として,情報倫理,セキュリティ等に関する基本的知識を身に付けることも重要である.本講義では,情報機器操作の基本的技能を習得するとともに,個人情報保護などの情報倫理,情報セキュリティ対策,ソーシャルメディアの適切な活用法,知的財産である意匠権と著作権,といった情報の活用や発信において必要とされる基礎知識を学習することを目的とする.
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 【事前学修】あらかじめ講義のホームページを確認し、講義内容および演習内容に関する理解を深めておく。
【事後学修】各回の講義で習ったことを各自でより深く調べ、演習で達成できなかった課題は空き時間等に進めておく。
講義内容 第1回 ガイダンス(PCの基本操作)
第2回 コンピュータとネットワークの扱い方
第3回 コンピュータとネットワークの仕組み
第4回 情報セキュリティ
第5回 文書作成の基礎
第6回 文書作成の応用
第7回 表計算の基礎
第8回 表計算の応用
第9回 プレゼンテーション資料作成の基礎
第10回 プレゼンテーション資料作成の応用
第11回 文書作成,表計算,プレゼンテーション資料作成の総合演習
第12回 情報倫理(情報の収集,個人情報保護,等)
第13回 知的財産権(著作権・意匠権)
第14回 講義のまとめ
第15回 評価
評価方法 以下の基準に従い、授業態度40点、課題提出60点の割合で評価します。
【受講態度】講義の内容を理解し、積極的に課題に取り組んでいるかを評価します。
【課題提出】演習課題を提出し、与えられた課題を実行できているかを評価します。
教科書等 参考書:寺内衛・中野靖久・小嵜貴弘・河野英太郎「三訂版 教養としての情報処理」(大学教育出版)
参考書:北上始 編「一般教育の情報」(あいり出版)
担当者プロフィール 授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。
備考 【教職】教職に関する科目