科目名 体育実技Ⅰ(エアロビクス)
単位数 1.0
担当者 非常勤講師 槙野 文子
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 本授業では軽快な洋楽のビートにのって、エアロビックを楽しく行う。
運動効率がよく、バランスのとれた有酸素運動であることを体感しながらエアロビックに慣れ親しみ、動きの基礎となる体力づくりとして、持久力・筋力・柔軟性を養うトレーニングも併せて行う。理論ではスポーツの意義について考え、自分の身体に意識を向けて、若いうちから健康管理できる力を養う。授業形態は毎回実技中心。
科目の到達目標 ・エアロビックの良さに触れ、運動することの気持ちよさ・楽しさを味わう。
・スポーツを身近なものに感じ、心身共に健康的な生活を営めるよう意識を高める。
・チームメイトと協力し合うことや、自己管理能力の必要性を学ぶ。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 (事前)動きやすい服装、室内用シューズ、タオル、水などを用意し、自分なりに目標をもって受講する。
(事後)授業記録に記した各自の課題に沿って、新しく習ったステップやルーティンを忘れない程度に復習する。
講義内容 ①オリエンテーション
②基本姿勢、筋トレ・ストレッチ(毎回の授業で継続的に実施する)
③ベーシックステップの練習(ウォーキング・サイドステップ・マンボー)
④   〃        (Vステップ・レッグカール)
⑤   〃        (Aステップ・ポージング)
⑥ルーティン練習(ジョギング・ケンケン・ホップ)
⑦   〃   (グループバイン)
⑧   〃   (ジャンピングジャック)
⑨   〃   (ランジ・ツイスト)
⑩   〃   (Y字バランス・ヒールタッチ)
⑪   〃   (ニーアップ・ミドルキック)
⑫   〃   (ボックス・カノン)
⑬創作部分の考案・練習
⑭フォーメーションを中心に総合練習
⑮グループ演技の発表・総括
評価方法 授業における課題への取り組み70点満点・毎時間実技後に記入する授業記録10点満点・最後に行う実技テスト(グループ演技の発表)は20点満点とし、合計100点満点で評価する。90~100点は秀・80~89点は優・70~79点は良・60~69点は可・59点以下は不可とする。
教科書等 授業における課題への取り組み70点満点・毎時間実技後に記入する授業記録10点満点・最後に行う実技テスト(グループ演技の発表)は20点満点とし、合計100満点で評価する。90~100点は秀・80~89点は優・70点~79点は良・60~69点は可・59点以下は不可とする。
担当者プロフィール 好きな曜日・・・・火曜日
備考