科目名 キャリアサポートベーシック
単位数 1.0
担当者 キャリアセンター長(情報科学研究科 教授)井上 智生 
履修時期 通期
履修対象 3年
概要 キャリアデザイン(働くことを中心に考えた人生設計)を支援する。卒業後の進路を適切に選択するための自己分析、企業研究、職業適性の手法を学ぶとともに、就職活動ならびに入社後の社会人としての礼儀作法、コミュニケーション能力などを身につける。講義形式を主とし、適宜演習を行う。
科目の到達目標 単に就職することだけを目的とせず、受講生が自ら将来の目標設定・人生設計を行いながら、今学生としてやるべきことを意識し行動するできるようにする。
同時に、キャリアセンターから発信される、最新の企業の採用活動・求人情報、ならびに、就職支援情報を適切に活用する技能を身につける。
受講要件 特になし。本講義は履修登録なしでも受講可能。学年を問わず、また、大学院生でも受講可能とする。
事前・事後学修の内容 平素より、新聞記事・ニュース等に興味を持ち、社会の動向や企業について研究する。
この講義に連動した形で開催される各種セミナー・ワーク等開催に積極的に参加し、将来に向けた準備をする。
講義内容 前期:
1. イントロダクション
 キャリアデザインと就職活動について学ぶ。卒業・就職までにすべきことを考える。
2. 自己分析・適職診断

 それまでの人生を振り返り、客観的に自己をとらえることにより、自分の価値観を見出だす。
 自己分析を行いながら自分に合った職業について考察する。
3. 適職診断解説
 職業診断の結果に基づいて、自分の価値を確認しながら自分の長所短所を見極め、自分にあった職業を考察する。
4. キャリアデザイン
 前期での学習状況や学生生活を自己診断し、夏期休暇中の活動目標を設定する。

後期:
5. 就職活動準備
 就職活動の一般的な流れと自己のキャリアデザインを具現化するための方策を学ぶ。
6. 業界・企業研究
 
幅広い業界、多数の企業を様々な角度から研究し、自分にあった業界や業種を探す。
7. ビジネスマナー
 就職活動時(説明会・面接・内定辞退時の振る舞い)と入社後のマナー(電話、手紙、メールの作法)について学ぶ。
8. 履歴書・エントリーシートの書き方
 希望する企業に提出する履歴書を書くとともに、それに沿ったプレゼンの方法を学ぶ。
9. 面接対策
 個人面接、集団面接、集団討論の方法と実践を学ぶ。
10. まとめ
 今後の学生生活と就職活動および将来の職業を総合的に考え、自分のためのキャリアデザインを考察する。
評価方法 各講義の修得状況報告、活動報告(複数回実施)をもとに総合的に判断する。評価基準を次のとおりとする。
秀:自分の将来設計(キャリアデザイン)を実践することができる。自分の適性を理解して将来(卒業後)の目標設定を行い、そのための学生としての行動計画を作り、その計画に従って行動できる。
優:自分の将来設計の重要性を踏まえて、学生として行動できる。
良:社会人として身につけるべきことを理解しながら自分将来設計に取り組むことができる。
可:社会人として身につけるべきことを理解している。
教科書等 適宜資料を配付する。
参考書:
 就職活動 HANDBOOK 2017, 広島市立大学キャリアセンター。
担当者プロフィール 主担当者:
 井上智生 http://www.cd.info.hiroshima-cu.ac.jp/~tomoo/
 キャリアセンター http://www.career.hiroshima-cu.ac.jp/
就職・キャリアに関する質問・相談があれば、いつでもキャリアセンターに来てください。

外部講師:
 リアセック http://www.riasec.co.jp
 マイナビ http://job.mynavi.jp
 ディスコ http://www.disc.co.jp
 ヒューマン・コーディネート・コンサルティング http://ww41.tiki.ne.jp/~poco/
 リクルートキャリア http://www.recruitcareer.co.jp

備考