科目名 科学英語演習Ⅰ
単位数 1.0
担当者 非常勤講師 マクリーン 真
履修時期 前期
履修対象 情報科学部2年生
概要 この授業では、情報科学分野の英文記事を読むという演習を行う。情報科学をテーマとした講読を通じ、情報科学分野でよく使われる語彙だけでなく、基礎的文法・語彙の確認も行う。基礎的文法・語彙の確認も行うことで、様々な場面に応用可能な英語力を身に付けることをこの授業の本質的な目標とする。(授業形態:演習)
科目の到達目標 (前期)到達目標
本授業の演習を通じて、学生は、以下の事柄ができるようになると期待できる。

1. 授業外学習の習慣が身に付くこと(毎授業、課題があるため)
2. 時間(期限)厳守の習慣が身に付くこと(遅刻・提出期限に厳しく対処するため)
3. 英文記事の構成(トピックセンテンス・サポートセンテンス)を理解すること(後期ではこれを応用して、エッセイを書いてもらいます)
4. 情報科学分野の英文記事を読んで、それを日本語で要約すること
5. 基礎的文法の理解
6. 基礎的語彙の確認
7. 情報科学分野の語彙の積み上げ
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 単に90分の授業を15回受講するだけでは、上記に到達目標として掲げたことを身につけるのは、不可能です。第1回目の授業で、本授業のための自宅での予習方法・復習方法を詳しく指示します。必ず予習をして授業に臨むこと。この授業では、個人でできること(辞書での語彙確認等)は全て自宅で行ってもらい、授業時間は、個人ではできないこと(英文記事の内容確認等)に使用します。また、本授業を通して、自分が苦手とするもの(例えば、英文法)や自分にこれから必要と思われるもの(例えば、専門領域の語彙力)などが、見えてくると思います。苦手分野を克服するための努力、必要なものを補うための努力を怠らないこと。出席して座っているだけでは、更なる専門知識を得るために外書を読む力や英語で意見交換をする力は身に付きませんよ。
講義内容 (前期)授業計画
1. 授業の進め方・予習方法について
2. 英語長文内容確認・要約(テーマ:自動車用の拡張現実機能)
3. 英語長文に使用されている文法解説
4. 英語長文内容確認・要約(テーマ:知的ロボット)
5. 英語長文に使用されている文法解説
6. 英語長文内容確認・要約(テーマ:サッカーボールによる発電)
7. 英語長文に使用されている文法解説
8. 英語長文内容確認・要約(テーマ:中国のグリーンシティ)
9. 英語長文に使用されている文法解説
10. 英語長文内容確認・要約(テーマ:核融合)
11. 英語長文に使用されている文法解説
12. 英語長文内容確認・要約(テーマ:脱毛治療の追求)
13. 英語長文に使用されている文法解説
14. 英語長文内容確認・要約(テーマ:自己修復の材料)
15. 英語長文に使用されている文法解説
16. 前期末試験(筆記)
評価方法 授業参加と提出課題(40%)・前期末筆記試験(60%)の要素を総合して最終成績 (100%) を出します。最終成績60%以下の場合は、不可とします。学期中の提出課題の1/3が未提出の場合は、期末試験受験資格なしとします。4回目の欠席で抹消(不可)となります。また、授業に出席することは当然であるため、出席による加点はありません(正当な理由のない欠席に対する減点はあり)。
教科書等 Innovation and Technology (未来を見つめる科学英語)
デイビッド・リア/印南洋/川口恵子/村上嘉代子 著
南雲堂 1900円+税
担当者プロフィール 英国The University of Warwick The University of London にて英語教育を研究。
愛猫家(The population of cats is higher than that of people in the McLean household)
備考 特になし