科目名 英語応用演習Ⅱ
単位数 1.0
担当者 ケイヴォーン・カゼミ ほか
履修時期 後期
履修対象 1年(全学部)
概要 この授業は、主に英語のスピーキングとライティングの能力を養うことを目的とする。日常生活の身近な話題から社会問題までさまざまな題材を用い、自分の意思や意見をきちんと伝えることができるスピーキング力とライティング力をつけることを目指す。授業は少人数の能力別クラス編成で行われるため、履修者のレベルに合った授業が展開されるとともに、一人ひとりが英語を話したり書いたりする機会をできるだけ増やせるよう工夫されている。
科目の到達目標
受講要件
事前・事後学修の内容
講義内容 クラス、担当教員、テキストは、別途指示のないかぎり、前期と同じである。
講義内容の詳細については、初回授業において各担当教員から説明がある。

再履修希望者は、クラス分けについて国際学部・渡辺教授(語学センター棟402号室)に必ず相談すること。勝手に前のクラスに戻ることは認められない。
評価方法 授業への参加度、課題提出、テスト等により評価する。
授業に20分以上遅れて出席すると遅刻として扱われる。遅刻2回で1回の欠席扱いとなる。正当な理由なく4回以上欠席すると成績評価は不可となる。
教科書等 テキストは前期で使用したものを引き続き使用する。
担当者プロフィール
備考