科目名 英語応用演習Ⅳ
単位数 1.0
担当者 教授 寺田英子
履修時期 前期
履修対象 2年(国際学部対象)
概要  この講義では一般の読者向けに書かれた統計学の本をテキストとして使います.統計学の知識がまったく無い,ごく普 通の人々のために,私たちの日常生活において統計が重要であることを論じています.
 簡単な事例をもとに書かれた読み物で、直感的に理解できるような内容です.
 文法的に難しい文章はありません.
科目の到達目標  この講義の到達目標は,英語の文章を構造的に読むコツを学ぶことです.
 構造的に読むというのは,各段落の要点をつかみ,ストーリー展開を予想しながら読むということです.
 英語で書かれた長文(日本語も同じですが)の文章を理解するには,段落ごとに文章の要点を理解するテクニックを身 につける必要があります.
 英語を日本語に翻訳するのはたいそう難しいことですが,この講義で練習して下さい.
受講要件  特にありません.
事前・事後学修の内容 ・翻訳は日本語の能力が問われます.シンプルに直訳して下さい.
・必ず予習をして下さい.
・講義終了後に、ノートを整理して下さい.
・翻訳が分りにくい部分については、メールで質問の受付、あるいは個別に説明をします.
・メールアドレスは以下のとおりです.narita@intl.hiroshima-cu.ac.jp
個別に相談したい履修者はメールで予約を申し込んでください.
講義内容 ・講義では2つの章を翻訳する予定です.
・毎回,教科書の日本語訳を履修者に割りあてます.講義のときに翻訳を発表して下さい(評価30%).
・基礎知識がないと日本語に翻訳しにくい部分があるときは,講義のはじめに説明します.
・テキストの英語について,文法的に難しい部分はまったくありません.
・定期テストを3回予定しています(評価70%).定期テストの2週間前に質問票を配ります.
 翻訳で聞き取りにくかった部分を質問して下さい.再解説します.

第1回      イントロダクション:テキストの全体解説
第2回~第5回  翻訳と重要な概念の説明
第6回 第1回クイズ(第2回~第5回で翻訳した部分)と解説
第7回~第12回  翻訳と重要な概念の説明
第13回 第2回クイズ(第7回~第12回で翻訳した部分)と解説
第14回~第15回 翻訳と重要な概念の説明
第15回講義終了後、8月上旬に第3回クイズ(第14回~第15回で翻訳した部分)を実施する予定です.
評価方法 ・講義での日本語訳(30%)および定期テスト(70%)をあわせて評価します.
・定期テストを3回予定しています.定期テストの2週間前に質問票を配ります。
・試験範囲は講義で翻訳した部分です.
・参考のために,第1回クイズの2週間前に前年度の問題を配布します.
・定期テストでは英語辞書の持ち込みを許可します.
・出席回数の要件については,学生ハンドブックに記載されているとおりです.
教科書等 第1回の講義でテキストのコピーを配布します.
担当者プロフィール
備考