科目名 英語応用演習Ⅳ
単位数 1.0
担当者 国際学部 講師 古澤 嘉朗
履修時期 後期
履修対象 2年次生(国際学部)
概要 紛争後社会の平和構築において注目されている「修復的正義」(restorative justice)という概念についてシンプルに、短くまとめたLittle Bookを輪読します(本文計60頁弱)。毎回5~6ページずつを目安に読み進め、12~13回の講義で洋書1冊を読み終えます。修復的正義の実例としては南アフリカの真実和解委員会(Truth and Reconciliation Committee)などが有名です。
科目の到達目標 まとまった量の英文を一語一句訳すのではなく、構造を理解した上で、段落の要点を理解できるような読み方を身につけます。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 -各自の担当箇所だけでなく、全員が毎週読んでくることが原則です。
講義内容 第1回   イントロダクション
第2~14回 テキスト輪読
第15回   まとめ
評価方法 平常点(授業参加など)30%、課題(分担箇所の報告)30%、期末レポート40%
教科書等 Howard Zehr (2002) The Little Book of Restorative Justice. Good Books.
担当者プロフィール 紛争解決論/平和構築論が専門です。地域的には東・西アフリカへ調査に行くことが多いです。著書に『平和構築へのアプローチ』(共著、吉田書店)、『アフリカの紛争解決と平和構築』(共著、昭和堂)、『国際関係・安全保障用語辞典』(共著、ミネルヴァ書房)など。
備考