科目名 eラーニング英語Ⅱ
単位数 1.0
担当者 国際学部 教授 渡辺 智恵  教授 青木 信之
履修時期 後期
履修対象 情報科学部1年(G〜Lクラス)
概要 eラーニングを利用した集中英語学習プログラムを利用し、リーディング、リスニング、文法、ボキャブラリ(語彙)を集中的に学習する授業である。
科目の到達目標 英語の多読多聴、語彙と文法の反復練習を通じ、英語の基礎力の養成および強化をねらいとする。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 受け身的でなく、積極的かつ自律的に学習してほしい。
講義内容 ・授業では学習プログラムにアクセスし、英語のリーディング、リスニング、文法、ボキャブラリ(語彙)を各自のペースで学習する。
・教材は、各受講生のレベルに応じたものを配信する。
・毎週、最低限学習しなければならない教材量が決められている。授業内で学習を終えることができなかった教材については、授業外で学習し、次の授業までに学習を完了しておかなければならない。詳細は初回授業で説明する。
・1ヶ月に1回程度、復習テストを行う。

今年7月のTOEICを受験していない者は以下の日程でTOEICを受験すること。
日時:10月12日(木)または13日(金)18:00〜20:45
場所:語学センター403A教室

評価方法 授業参加度(25点)、教材消化率(25点)、復習(10点)、復習テスト(25点)、TOEIC伸び(15点)で評価し、その合計が90〜100点は「秀」、80〜89点は「優」、70〜79点は「良」、60〜69点は「可」、59点以下は「不可」とする。
教科書等 なし。教材はすべてコンピュータネットワークを通じて配信する。
担当者プロフィール 渡辺 智恵:英語教授法(TESL/TEFL)を専攻。コンピュータ利用による英語教育、日本人英語学習者のリーディング・プロセス、通訳訓練の英語教育への応用を主な研究テーマとしている。
青木 信之:英語教育学を専攻。外国語でのライティング・プロセスやコンピュータを利用した英語教育に関して研究を行っている。
備考