科目名 中国語Ⅰ
単位数 2.0
担当者 火曜日 国際学部教授 欒 竹民、木曜日 非常勤講師 蘇 順姍
履修時期 前期
履修対象 1年(国際学部対象)火・木2限クラス
概要 中国語の基礎力を養います。また、言葉の学習を通して、中国の人々の日常生活やものの考え方について理解を深めるようになります。
授業形態:講義
科目の到達目標 中国語のピンイン(発音)、基礎文法及び日常的表現などを修得できるようになります。中国と日本は一衣帯水の隣国として、悠久たる交流史を誇っている。いま、中日両国間の経済関係の一体化に伴って中国はますます私達に身近な存在となります。中国語を学ぶと多民族国家である中国、そしてその多様な文化についての関心と理解にも役立ちます。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 事前に教科書の指定範囲を予習すること、更に、学習後の指定範囲を復習すると同時に、練習用のプリントを配布するので、宿題として回答に取り組むこと。
講義内容  前半:中国語は一般に発音が難しいと言われますが、音楽性豊かな言語ですから、CDやDVD付きのテキストで練習することにより、自然に身に付きます。中国語にはローマ字による専用の発音記号――ピンインが定められているので、それを学びながら発音練習に取り組みます。発音の基礎を終えて、簡単な会話の勉強に入ります。
 1イントロダクション
 2中国語とは何か、3中国語のピンイン、四声 、4母音(単母音、鼻母音、複合母音)、5子音 、6声調変化
 7中国語の文字(簡体字)
後半:基礎文法の習得に重点を置きます。文法と言っても文例からではなく、日常会話の実際から理解し、さらに会話の応用力と文章の読解力を付けます。
 8教室用語、9日常のあいさつ、10自己紹介
 11基本文型1、12基本文型2
 13基本文型3、14基本文型4
 15まとめ
前半・後半を通じて、中国映画や中国中央テレビ局によるリアルタイムの中国の映像などを使って、楽しく学べるようにします。
評価方法 期末試験の結果に随時行われる小テストの成績を加味して評価します。なお、小テストの成績評価については初回の授業において説明を行います。
教科書等 教科書:『日中いぶこみ広場 初級テキスト』 相原茂・陳淑梅・飯田敦子 朝日出版社
参考書:講義の中で紹介します。
担当者プロフィール
備考