科目名 中国語Ⅱ
単位数 2.0
担当者 火曜日 国際学部教授 欒 竹民、木曜日 非常勤講師 張 健
履修時期 後期
履修対象 1年(国際学部対象)
概要 前期に続いて中国語の基礎力を養います。また、ことばの学習を通して中国の人びとの日常生活やものの考え方について理解を深めるようにします。
授業形態:講義
科目の到達目標 基礎文法及び基本的語彙、日常表現などを修得することによって、「話す、聞く、読む、書く」という四つの能力をバランスよく身に付けることができるようになります。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 事前に教科書の指定範囲を予習すること、更に、学習後の指定範囲を復習すると同時に、練習用のプリントを宿題として回答などに取り組むこと。
講義内容  基礎文法のマスターに重点をおきます。文法といっても文例からではなく、日常会話の実際から理解し、さらに会話の応用力をつけます。また、中国で使われている漢字(いわゆる「簡体字」)は、日本の漢字とかなり違うので、1つ1つ覚えていかなければなりません。そうして文章の読解に入ります。

 1語法ポイント 2語法ポイント
 3語法ポイント 4語法ポイント
 5語法ポイント 6語法ポイント 
 7語法ポイント 8語法ポイント
 9語法ポイント 10語法ポイント
 11語法ポイント 12語法ポイント
 13語法ポイント 14語法ポイント
 15まとめ

 また、授業の一環として恒例の「日中交流スピーチ大会」に参加して、習った中国語で発表し、留学生との交流、また、本格的な中国料理作りにも挑戦します。
評価方法 小テスト・期末試験の点数に授業中の積極性などを加味して評価します。
教科書等 前期と同じ教科書 『日中いぶこみ広場 初級テキスト』 相原茂・陳淑梅・飯田敦子著 朝日出版社
随時、補助教材を配布します。
担当者プロフィール
備考