科目名 ハングルⅠ
単位数 2.0
担当者 国際学部 教授 金栄鎬
履修時期 前期
履修対象 1年(国際学部・芸術学部対象)
概要 「ハングル」とはコリア語の文字を指しますが、この講義は、読む・書く・聞く・話すなどの韓国語(または朝鮮語、以下同)の入門です。韓国語の語順は日本語とほぼ同じですが、文字と発音も初めての学生がほとんどであるため、前半の3分の1くらいは試行錯誤の必要があります。後半3分の1くらいからは、自力でも進んでいくことができますので、意欲的に取り組んで下さい。
科目の到達目標 もちろん韓国語の基本能力の習得がねらいですが、日本語との比較などにも自然と考えが及ぶはずですので、何よりも興味をもって学べることが大事です。前期のIでは、文字、発音、基本文型、基本会話などに取り組みます。
受講要件 あえて挙げれば、言い間違え・書き間違え・聞き間違えなどを恐れずに取り組むこと。
事前・事後学修の内容 単語の小テストを2~3回、実施します。補助プリントも使って反復練習ができるようにします。後半では韓国の映画の鑑賞も予定しています。
講義内容 1 イントロダクション
2 韓国語の仕組み
3 基本母音、基本子音
4 激音、濃音
5 合成母音
6 パッチム
7 発音規則(連音化と鼻音化)
8 あいさつ、教室用語
9 文法1(助詞、述語)
10 自己紹介
11 文法2(ヘヨ体)
12 趣味
13 文法3(否定)
14 食事
15 まとめ
評価方法 小テスト、期末試験による。
教科書等 教科書:朴大王・李賛任『韓国語入門』白帝社
担当者プロフィール 国際関係史(朝鮮半島)Iを参照。
備考