科目名 ハングルⅠ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 李賛任
履修時期 前期
履修対象 1年次
概要 韓国語を初めて学ぶ受講生を対象に、「読む」「書く」「聞く」「話す」の四技能をバランスよく総合的に身につけることを目指す。韓国語の文字と発音及び簡単な日常会話が出来るようにする。さらに語学だけではなく視聴覚教材を用いて「現代韓国事情」についても触れる。
科目の到達目標 ・ハングル文字の読みができるようになる。
・ハングル文字を書けるようになる。
・韓国語で自己紹介、挨拶、買い物ができるようになる。
受講要件 特に無し
事前・事後学修の内容 「毎回の授業後、学習した内容を復習し、文字と単語をしっかり暗記する」「習った語彙を生活の中で頻繁に使ってみる」「K-POPの歌を覚えて韓国語で歌ってみる」「韓国のドラマを見るとき、韓国語の発音を意識して聞く」
講義内容 第1回 オリエンテーション・韓国語の仕組み・アンケート
第2回 基本母音10個・簡単な挨拶
第3回 基本母音10個の復習、二重母音11個
第4回 二重母音11個の復習、/K/・/ N /・/ T /・/ R /の発音に当たる子音字母
第5回 /K/・/ N /・/ T /・/ R /の発音に当たる子音字母とそれに母音字母を組み合わせた文字の学習
第6回 / M / ・/ P /・/ S /・/ch/・/ H /の発音に当たる子音字母とそれに母音字母を組み合わせた文字の学習
第7回 平音・濃音・激音の区別と子音の総復習
第8回 パッチム(終声)の発音の仕方の説明及び発音の練習
第9回 發音の規則①有声音化②連音化③鼻音化の説明と練習
第10回 自分の名前・地名などのハングル表記
第11回 文字の総復習と教室で使う表見
第12回 「名前は何ですか」等、簡単な自己紹介の表現
第13回 「~は」・「~が」に対応する助詞の説明とその使い分け
第14回 「~です」に対応する丁寧な言い方の説明とその使い分け
第15回 「~が好きです」「~がおいしいです」等、好き嫌いに関する表現
第16回 子音語幹の「ヘヨ」体の説明
第17回 「ヘヨ」体を使った表現
第18回 映画の中の表現
第19回 映画から見た韓国の文化・韓国人の価値観
第20回「週末には何をしますか」の表現とそれに対する答えの表現
第21回 母音語幹の「ヘヨ」体の説明及び練習
第22回 助詞「~に」「~で」「~も」「~と」「~で(手段・方法)」
第23回 「~に」「~で」「~も」「~と」「~で(手段・方法)」を使った表現の練習
第24回 「趣味は何をしますか」の表現とそれに対する答えの表現
第25回 「~ないです(否定形①)」「~できません」の表現
第25回 「~ないです(否定形①」「~できません」を使った表現の練習
第26回 「~(し)たいですか」「~(し)ないです(否定形②)」の表現
第27回 「~(し)たいですか」「~(し)ないです(否定形②)」の表現を使った会話
第28回 「いくらですか」等、買い物の際に使われる表現
第29回 漢数詞を用いた表現の練習
第30回 まとめ及び復習
評価方法 期末試験70%、レポート10%、授業参加度及び授業態度20%
教科書等 教科書 『韓国語入門』朴大王・李賛任著 白帝社 
参考図書 『ソウルスタイル』朴大王著 白帝社
担当者プロフィール
備考