科目名 ロシア語Ⅱ
単位数 2.0
担当者 国際学部講師 斎藤祥平  
履修時期 後期
履修対象 1年
概要 ロシア語Iからの継続として、受講者がロシア語の会話、講読、作文を行っていくために新しい文法事項を学習する。簡単な会話、作文、読解の演習も取り入れる。また、ロシアの人々の日常生活、ものの考え方や文化について理解を総合的に深めるために、ビデオ教材やAV資料を積極的に用いる。
科目の到達目標 基本的な文法事項や語彙を習得し、ロシア語の日常会話や短い文章の読解、作文ができるようになること。
受講要件 ロシア語Iを受講していること。
事前・事後学修の内容 単語の小テスト、テキストからの復習課題など。
講義内容 1.イントロダクション(前期の復習)
2.「ся」動詞
3.定動詞
4.不定動詞
5.「所有」「所属」の表現
6.生格の用法
7.造格の用法
8.「許可」「必要」「禁止」の表現
9.「可能」の表現
10.動詞の未来形
11.不完了体動詞と完了体動詞
12.数字・買い物の表現
13.時間、季節などの表現
14.復習および作文・読解の演習
15.授業内テストと総括
評価方法 平常点、小テスト、期末テストにより総合的に評価する。
教科書等 『ロシア語 文法と練習』秦野一宏、トルストグゾフ、セルゲイ(白水社 2012)。推奨辞書として『パスポート初級露和辞典』(白水社)、『露和辞典』(研究社)を挙げるが、電子辞書やオンライン辞書「和露大(Warodai):https://warodai.ru/」等を活用しても良い。
担当者プロフィール 「ロシア研究」「国際関係史(ロシア)」を参照。
備考