科目名 ハングルⅣ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 朴 大王
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 ハングルと韓国文化の面白さをさらに体験してもらう。従来の文法中心の学習から脱皮した教科書を用いて韓国文化全般に触れながら、韓国映画、トレンディ・ドラマー、韓国POPSなどを通じて、聴き取り、文字、発音、基本文型などを指導していく。
科目の到達目標 高度な韓国語を習得し、より自由に、よりネイティブらしい表現で意思疎通が できるようにする。
受講要件 この授業は、ハングルⅠ~Ⅲを履修し、韓国語の基礎学力のある学生を対象にする。
事前・事後学修の内容 ハングルや韓国文化に御関心をお持ちの方々の参加を歓迎するが、毎回の講義への出席と真面目な受講態度が要求される。
講義内容 1.趣味で習い始めました
2.これ、少し手伝ってくださいませんか
3.通帳を作ろうと思うんですけど
4.日本に送ろうと思うんですが、どれくらいかかりますか
5.パッケージ旅行が良さそうなんですけど
6.着てみると楽でいいですね
7.パソコンで簡単に探せるんですが
8.ちょっと変だと思うんですが、大丈夫ですか
9.昨日は本当にすみませんでした
10.いらっしゃって祝ってください
11.修理できますか
12.部屋が空いていなくて心配です
13.時間が経つのは本当に早いですね
14.コンサートはどうでしたか
15.料理をたくさん用意されたんですね
評価方法 平常点、期末テストによって総合的に評価する。
教科書等 趙義成著「基本ハングル文法-初級から中級まで-」NHK出版
担当者プロフィール 名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士後期課程を経て、現在広島修道大学教授。専門は言語学。
備考