科目名 日本語Ⅱ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 石田愛(火)、非常勤講師 黒瀬桂子(木)
履修時期 後期
履修対象 外国人留学生
概要 授業形態:講義
本講では、大学における教養、専門の授業に対応するための日本語能力を養成します。「読む」「書く」という活動を中心に、日本語能力の向上を目指します。ただし、学習者の日本語能力によっては、講義内容を変更します。
科目の到達目標 火:「専門分野の論文を独力で読んでいくための」基礎的な読解力を養成する
木:「論文を書くための」基礎的な日本語能力を養成する
受講要件 主に中級から上級日本語学習者。
事前・事後学修の内容 授業内で指示します。
予習、課題は必ずすること。
講義内容 石田(火)

1.オリエンテーション
  テキスト第1課
   段落内の構造について考える。書き言葉の特徴について整理する。
2.テキスト第2課
   段落の話題とメインアイデアについて整理し、内容を理解する。
3.テキスト第3課
   文章のアウトラインを整理し、全体の論理的なつながりをつかむ。
4.テキスト第4課
   論説文の文章構成について考える。
5.テキスト第5課
   自分の考えを分かりやすく述べるための論の進め方を学ぶ。
6.テキスト第6課
   論の方向を示す表現について学ぶ。
7.テキスト第7課
   反論したり、強い意見を述べたりする場合の論の進め方を学ぶ。
8.テキスト第8課
   引用を示す表現について学ぶ。
9.テキスト第9課
   要約の方法について学び、各段落のポイントをまとめる。
10.テキスト第10課
    論文の全体構成・序論について考え、序論で用いられる表現について学
ぶ。
11.テキスト第11課
    論文の本論について考え、研究方法で用いられる表現について学ぶ。
12.テキスト第12課
    論文の本論について考え、結果や考察で用いられる表現について学ぶ。
13.テキスト第13課
    論文の結論について考え、結論で用いられる表現について学ぶ。
14.テキスト第14課
    学習した読解の技術を使って、論文を読む。
15.総復習・まとめ

 ※受講生のレベルや要望によって、新聞記事やN1対策用の読解教材、
小説なども適宜取り入れる。
※上記とは別に期末試験を実施する。


黒瀬(木)

1.オリエンテーション
2.論文構成の復習、問題提起の重要性、個人テーマと問題提起
3.論拠資料とは
4.論拠資料の集め方・読み方
5.アンケートとは
6.アンケート内容検討
7.効果的な図表の作り方・示し方
8.個人テーマに則した構成内容の検討、引用・参考文献の示し方
9.序論執筆
10・本論(論拠1)執筆
11.本論(論拠2)執筆
12.本論(論拠3)執筆
13.本論(結論)執筆
14.まとめ執筆
15.全体修正

※授業の順序は変更することがある。
※上記とは別に期末試験を実施する。
評価方法 授業参加度、課題、試験により総合的に評価します。
教科書等 火:『大学・大学院留学生の日本語③論文読解編』アルク、適宜プリント配布
木:適宜プリント配布
担当者プロフィール 留学生のみなさんにとって役に立つクラスにしたいと思っています。大学生活を送るために必要な読解力を一緒に身につけましょう。(石田)
日本語で論理的に分かりやすく自分の考えを文章で伝える方法をクラス全員で一緒に考えていきましょう。(黒瀬)
備考