科目名 科学技術と倫理
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 石田 三千雄
履修時期 前期 (集中講義)
履修対象 博士前期課程1、2年生
概要 科学倫理や技術倫理、科学者・技術者の責任、技術の文明論的考察、生命操作技術の倫理や生命倫理学の倫理性、科学技術と公共性、市民の関与、技術倫理の課題、技術者倫理教育の現状などを論じる。授業は講義形式で行う。
科目の到達目標 受講生は、科学技術が人間本性や社会のあり方に根ざすことを理解し、市民として科学技術の望ましい推進について判断できる視点を身に付ける。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 日頃から新聞などで科学技術が社会に及ぼす影響や事件などについて関心をもつ。
講義内容 1.はじめに-授業全体の説明
2.科学技術の基盤
3.科学倫理とは何か
4.技術倫理とは何か
5.人間と技術
6.現代文明と技術
7.近代合理性と近代社会
8.近代科学技術の社会的基盤
9.生命倫理の倫理性
10. 科学的認識の倫理性
11. 科学技術者と市民
12. 科学技術と合意形成
13. 技術倫理が問われる現場
14. 技術者倫理教育の現状と課題
15.まとめ(最終回に試験を行う。)
評価方法 授業への取り組み状況、授業の最後の試験で評価する。
教科書等 参考書:石田他『科学技術と倫理』ナカニシヤ出版、2007年。
必要に応じて資料を配付する。
担当者プロフィール 徳島大学総合科学部教授。フッサール現象学から、科学技術論や自然倫理学まで研究しています。
備考 上記の参考書を参照してもらえば、講義内容が明確になります。