科目名 情報と社会
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 橘 啓八郎
履修時期 前期(集中講義)
履修対象 博士前期課程1、2年次生
概要 私たちが生活している社会は情報化社会、電子社会等と呼ばれて久しい。現状では情報化、ITと称されている電子技術、情報通信技術によるコンピュータおよびそれらを結び合うネットワークシステムが重要な社会基盤と考えられ、それらの発展により私たちの生活や社会情勢が大きく変化しつつある。
本講義では経済、法制度、倫理、文化、国際関係等が情報関連技術の発展により、どのような問題が生じるか、今後どのように対処すればよいかを検討する。
このため、講義のみならず、関連する分野の課題発表も各自に行っていただく。
科目の到達目標 情報化の将来像のみならず、どの様な社会像が、如何なる理念の下にデザインすれば良いのか、現状での分析とその問題点も含め考察してもらいたい。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 主体的に課題に取り組み調査等により、独創性のある考察と提案を行ってほしい。
講義内容 1.全体の講義内容の概説
2.社会に対する情報化の影響(1)
3.社会に対する情報化の影響(2)
4.課題についての報告と討論
5.市場経済と情報化(1)
6.市場経済と情報化(2)
7.課題についての報告と討論
8.法制度と情報化(1)
9.法制度と情報化(2)
10.課題についての報告と討論
11.政策と情報化         
12.倫理と情報化
13.課題についての報告と討論
14.情報技術の将来        
15.今後の課題への対応とまとめ
評価方法 日常点  (小テスト等) 50%
レポート (課題の達成度で評価) 50%
教科書等 使用しない
担当者プロフィール 広島市立大学名誉教授
大阪学院大学名誉教授
備考 特になし