科目名 道具論
単位数 2.0
担当者 教授 及川 久男 ほか
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 【授業形態:講義】
広島から、道具がどのような存在であるかを論ずる。道具存在論、道具が開く文明と文化の歴史、過去と現在、未来論、形態と機能、美意識の国際比較、美術、工芸とインダストリアルデザインとの違いなど、道具を使う立場、つくる立場、考える立場、商う立場にとっての道具のありようの見方を論ずる。
科目の到達目標 人間が生きていく為に、周囲の世界と交わした対話、それが道具である。人間とともに新しい、この道具世界に、いかに対座するかを追求する。
『もの』と人間の精神復興を願い、身の回りの品々をあらためて再考し、生活革新への指針を示す。
受講要件 それぞれのテーマごとにその道に造詣の深い専門の講師によりオムニバス形式で授業が行われるので、すべての授業に出席することを特に要望する。
外部講師を招いての講義が多く、講師に失礼にならないよう、私語や毎回の著しい遅刻など受講態度の悪い学生は受講を許可しないことがある。
事前・事後学修の内容 栄久庵憲司の著書「道具論」等、出版物を後期中に読むこと。
講義内容 1 導入 道具論の著者栄久庵憲司と広島
2 広島県伝統的工芸品(大竹手打刃物)と安芸十利(針)(苅山信行)
3 安芸十りの一つである鑢(やすり)について学ぶ。(苅山信行)
4 道具と都市Ⅰ ー道具の命ー(都市の視座から道具を考える)(大井健次)
5 道具と都市Ⅱ ー道具の創出ー(都市の視座から道具を考える)(大井健次)
6 衰退する道具−言霊と文字の象徴・はんこ(服部等作)
7 持続する道具−玉座という王権の空間装置(服部等作)
8 茶道上田宗箇流 茶の湯の心(上田宋冏)
9  身体と道具のかかわりを具体的事例を交え学ぶ。Ⅰ(前田育男)
10 身体と道具のかかわりを具体的事例を交え学ぶ。Ⅱ(前田育男)
11 生命の誕生と道具の誕生。「自然と不自然」の相関を考察する。(山田晃三)
12 文明の進展と道具の関わり。「日本の戦後史」から考察する。(山田晃三)
13 熊野書筆(村田隆志)
14 熊野化粧筆(村田隆志)
15 まとめ(提出課題説明等)
評価方法 ①授業の理解度を測るため毎回レポートを提出。
②期末テーマを与えレポートを提出
①と②の総合評価とする。
S(秀)レポートで90点以上 場合。
A(優)レポートで80点以上 場合。
B(良)レポートで70点以上 場合。
C(可)レポートで60点以上 場合。
D(不可)レポートで60点未満 場合。
教科書等 なし
担当者プロフィール 大井健次(広島市立大学)名誉教授
服部等作(広島市立大学)名誉教授
上田宋冏 茶道上田宗箇流十六代目家元  
山田晃三 GKデザイン機構 代表取締役 社長
前田育男 マツダ株式会社 執行役員 デザイン本部長
村田隆志 大阪国際大学
苅山信行 元広島県立西部工業技術センター
備考