科目名 都市論
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 杉本俊多, 非常勤講師 水田 丞, 非常勤講師 千代章一郎, 非常勤講師 森本真, ほか
責任者( 吉田幸弘 )
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 グローバル化やマルチメディア技術の普及とともに都市はますます不可視となってきた。機械化、ネットワーク化する都市は、他方で生命体としての人間のエコロジー回帰を促してもいる。そもそも都市とは何だったのか、歴史の原点に遡り、かつ未来都市を構想しつつ、また視野を広く地球規模に広げて、世界に知られる都市広島においてこそ論じなければならない、21世紀の都市像とそのデザイン方法について実践事例や現地見学を含めて講じる。
科目の到達目標 建築デザイン、都市デザイン、まちづくりの観点から、都市の解釈方法、デザイン方法を理解する。
都市空間の構成について理解し、将来の都市デザインに向けて、ボキャブラリーや思考方法を習得する。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 各講師の指示・推薦する文献等を読み、講義内容と合わせて理解・思考を深めること。
講義内容 第 1回 吉田 イントロダクション・広島のまちづくり1
第 2回 吉田 広島のまちづくり2・現地講義
第 3回 杉本 広島の都市空間形成史
第 4回 杉本 近代広島の都市空間
第 5回 千代 ル・コルビュジエの都市論 1
第 6回 千代 ル・コルビュジエの都市論 2
第 7回 水田 現代の都市・建築空間 1
第 8回 水田 現代の都市・建築空間 2
第 9回 吉田 広島の建築 1
第10回 吉田 広島の建築 2
第11回 森本 他都市圏の建築・エクステリア
第12回 森本 他都市圏の建築・インステリア
第13回 杉本 ベルリンの都市空間形成史
第14回 杉本 ベルリンに見る現代都市空間デザインの課題
第15回 吉田 まとめ
評価方法 講義終了後、レポートにより評価。
教科書等 講義形式:パワーポイントまたはキーノートを用いて講義。
テキスト、参考資料は各担当講師が指示ないし配布する。
担当者プロフィール 杉本俊多(広島大学大学院工学研究院社会環境空間部門教授 建築史・意匠学)
水田 丞(広島大学大学院工学研究院社会環境空間部門助教 日本近代建築史)
千代章一郎(広島大学大学院工学研究院社会環境空間部門准教授 建築史・意匠学)
森本真(武庫川女子大 准教授)
吉田幸弘(立体造形 教授)
備考 一部広島市立大学サテライトキャンパスでの授業があります。