科目名 発展演習Ⅰ
単位数 1.0
担当者 国際学部教員
履修時期 前期
履修対象 国際学部2年生
概要 各担当教員が指定した文献を、その論理を読み解くかたちで深く読み、各演習で扱う箇所の議論を自分の言葉で言い換えて報告する。その箇所に関する各自の読解について、演習の場で意見交換を行なう。これらを踏まえて、講読文献の主題と概要、さらにはその主張や問題提起を論評するレポートをまとめる。
科目の到達目標 文献を細かく、かつ深く読み、その論理を読み解く。また、各自の読解を文章にまとめ、あらゆる研究の基礎としてのクリティカル・リーディング(批評的読解)の能力を磨く。
受講要件 本演習は、国際学部学生必修の専門基礎科目である。
事前・事後学修の内容 毎回しっかりと準備をして出席し、クラスでの議論や活動に積極的に参加すること。発表においてはベストを尽くすこと。
講義内容 1.文献の論理を読み解く
 担当教員の指定した、論理性と深みのある内容を持った文献を講読しながら、著者の問題設定、方法論、主張や問題提起を読み解いていく。著者の言説を自分の言葉で言い換えたり、その論理を再構成したりするかたちで、内容を報告し、各自の読解について意見交換する。

2.何を読み取ったかを論理的に伝える
 各自の読解を要約や書評にまとめるとともに、それを発表し、論理的かつ説得的な文章を書く能力にも磨きをかける。それぞれの文献について、1000文字~2000文字のレポートをまとめることを目標とする。クラスによっては、講読文献に関連する文献を各自で選び、あるテーマに関するその内容を、評論や文学を横断して報告する場が設けられることもある。

詳細は、各演習担当教員の個別シラバスを参照のこと。
評価方法 出席、発表、議論や活動への参加の積極性、レポートなどを各担当教員が総合的に評価する。
教科書等 各担当教員が講読文献を指定するので、初回の演習までに用意しておくこと。参考書:佐藤望他編著『アカデミック・スキルズ──大学生のための知的技法入門(第二版)』慶應義塾大学出版会、2012年。
担当者プロフィール 各担当者のプロフィールは国際学部のウェブページを参照のこと。
備考