科目名 発展演習Ⅱ
単位数 1.0
担当者 国際学部教員
履修時期 後期
履修対象 国際学部2年生
概要 各自で研究テーマを設定し、その研究を進めるとともに、演習では研究の現時点での成果を、レジュメやスライドを用いて発表する。研究の最終的な成果は、短い論文にまとめる。それによって、自律的に研究を進め、その成果を論理的かつ説得的に伝えるための基礎的な能力を身につける。
科目の到達目標 調べたことを論理的に伝える:研究とその成果発表の基礎を習得する。
受講要件 本演習は、国際学部学生必修の専門基礎科目である。
事前・事後学修の内容 毎回しっかりと準備をして出席し、クラスでの議論や活動に積極的に参加すること。発表においてはベストを尽くすこと。
講義内容 1.自分の研究テーマを発見し、それに相応しい研究方法を身につける
 研究テーマを設定し、そのための調査を、文献調査、データの収集と分析、フィールドワークなどをつうじて進める。その進捗状況や成果は、定期的に口頭で、レジュメやスライドなどを使うかたちで報告する。演習ではそれをめぐるディスカッションも行なう。クラスによっては、担当教員の専門領域における研究方法の基礎が取り扱われることもある。

2.研究成果を論文にして発表する
 研究の成果は最終的に、自己の論理と他者の言説がはっきりと区別され、引用の出典が明示された論文形式でまとめる。

詳細は、各演習担当教員の個別シラバスを参照のこと。
評価方法 出席、発表、議論や活動への参加の積極性、論文などを各担当教員が総合的に評価する。
教科書等 担当教員が教科書を指定することがある。参考書:佐藤望他編著『アカデミック・スキルズ──大学生のための知的技法入門(第二版)』慶應義塾大学出版会、2012年。
担当者プロフィール 各担当者のプロフィールは国際学部のウェブページを参照のこと。
備考