科目名 比較文化論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 田川 玄
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  テレビにアフリカのどこかの村が映し出される。錆びたトタン屋根の一軒の家屋。暗い部屋のなかに顔色の悪い痩せた若い女性が病気で臥せっている。村人によれば、彼女の病は邪悪な霊が悪さをしているからだという。やがて「伝統的」な治療師が連れてこられ、何やら呪文のようなものを唱え、病人を煙で燻したり何だか分からない液体を降りかけたりしている。さて、これを見てあなたはどのように思うか。
 病気は病院に連れて行かなくてはならない。彼らがこうした「迷信」に頼っているのは、「近代的」な医療や教育が普及していないためだ。「近代化」されれば、こうした「迷信」から彼らは脱却できるのに。ところが、「伝統的」な治療師は町に立派なオフィスを構え、携帯電話で病気の相談を受け車を運転して治療に行くと聞けば、どうでしょう。
 そもそも、「近代化」している日本も「御守り」「御祓い」「お参り」「占い」「祟り」「前世」「霊感」「血液型」「スピリチュアリティ」という「迷信」に満ちています。熱中するにせよ冷笑するにせよ、信じるにせよ信じないにせよ、テレビに繰り返し現れるそれらには、人びとをとらえて離さない何かがあるのかもしれません。
 この授業では、こうした「宗教」的とされる様々な行為を、人類学的な観点からわたしたちの日常的な思考と実践のなかで理解していきます。
科目の到達目標  「宗教」的な領域といっても、ここで扱うテーマは仏教やキリスト教などのいわゆる「大宗教」の教義ではありません。むしろ、ヨーロッパはもちろんアジアやアフリカなど遠い土地の日常生活、あるいはわたしたちの日常的な生活のなかで行われていることです。ただし、この講義ではそうした日常のなかに「宗教」を見出そうというのではありません。逆に、わたしたちが「宗教」的な領域と考えていることがらを、解きほぐしていくことがこの講義の目的です。
受講要件 文化人類学の基本的な考え方を理解していること。
事前・事後学修の内容 未知なものへの好奇心と柔軟なものの考え方が求められます。あくまでも、人類学の枠組みから宗教的な行為を考察することが目的であり、宗教的な行為の効果を科学的に証明することではありません。
授業内容の理解のためには、参考書を読むことが大切です。
講義内容 授業は以下のトピックを予定していますが、受講生の反応をみて内容を変更します。
詳細は授業のはじめに説明します。
1.イントロダクション
2.日本人は「無宗教」か?
3.宗教概念の誕生
4.「未開宗教」の「発見」:アニミズム
5.文化進化論的説明
6.機能主義的説明
7.「野生の思考」:トーテミズム
8.アザンデ人の妖術と託宣
9.不幸を物語ること
10.日常的な実践
11.憑依と人格
12.グローバル化と宗教
13.映像から学ぶ
14.質疑応答
15.まとめ・課題
評価方法 平常点(授業での態度・発言やリアクションペーパーの内容):30%
課題作成またはレポート:70%
教科書等 参考書
 浜本満・浜本まり子編1994『人類学のコモンセンス』学術図書出版社。
 シンジルト・梅屋潔編 2016『新版 文化人類学のレッスン』学陽書房。
 石井美保・花渕馨也・吉田匡興編2010『宗教の人類学』春風社。
このほかのものは、授業中に適宜示します。
担当者プロフィール アフリカのエチオピアに住む牧畜民で調査をしています。
備考