科目名 比較文化論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 田川 玄
履修時期 2年
履修対象 国際学部
概要 文化人類学は、儀礼や家族・親族から観光、科学技術、ポップカルチャーまでの幅広い領域を対象としています。この授業では文化人類学がどのように人間社会の諸事象に取り組んでいるのかについて紹介します。前半は近年、文化人類学がおかれている研究状況や理論的課題について紹介します。後半は個別のトピックを取り上げます。
科目の到達目標 「家族」を人類学・社会学・歴史学などから多面的に理解する。
受講要件 文化人類学や比較文化論Ⅰなど人類学関連科目を受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 参考図書を読むことは大切です。
授業内容の理解のために分からないことがあれば気軽に質問してください。
講義内容 授業の後半における個別トピックとして予定している主な内容は次のようなことです。詳細は初回にお話します。

1)イントロダクション
2)「レンタル家族」ビデオ上映
3)「レンタル家族」をどのように考えるか。
4)「核家族」は普遍的か?
5)西欧の近代家族
6)母性愛の神話
7)日本における近代家族:明治期から昭和初期
8)日本における近代家族:戦後
9)人類学の家族・親族の理論:機能主義
10)人類学の家族・親族の理論:構造主義
11)家族・親族の民族誌:エチオピアのボラナ社会
12)家族・親族の民族誌:その他の民族
13)新生殖技術 ビデオ上映 インド
14)新生殖技術 イスラエルなど
15)まとめ・課題

家族をテーマとして講義では、文化人類学だけでなく霊長類学や社会学、歴史学などの研究成果も取り入れます。

受講生との相互行為のなかで内容を変える可能性があります。
また、人数によっては演習形式を取り入れます。

評価方法 受講票の内容、授業での発言:30%
課題:70%
中間レポートの提出を求めることがあります。
詳細は初回の授業でお話ししますので必ず出席してください。
教科書等 教科書はありません。資料を配布します。また、参考書は適宜、指示します。
担当者プロフィール 南部エチオピアの牧畜民ボラナで10年以上調査しています。数年前まではうらぶれた小さな田舎町が行政都市となり、今や終日電気が通じています。昔はトラックの荷台に乗って移動していた道にも乗り合いバスが走るようになりました。そして、女性の首飾りはくすんだ色のアルミから色鮮やかなビーズになりました。今や携帯電話も必須アイテムとなりつつあります。
備考