科目名 比較民族学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 吉江 貴文
履修時期 前期
履修対象 3年次以上
概要 講義テーマ:『文書と人間の歴史』
現代社会に生きるわたしたちは、新聞、雑誌、カレンダーといった印刷物から、IDカード、ディスプレイ、看板類に至るまで、多様な種類の文書に囲まれた環境のなかで暮らしている。わたしたちにとって、自己の身分証明を一枚のプラスチック・カードに依存したり、文書使用の基礎となる「読み書き能力」を生きるための必須条件として身につけることは、ある種、当たり前の状況となっている。しかしながら人類史のレベルでこうした状況を捉え直すと、情報伝達や思考表現をもっぱら文書という道具に依存する、今のような暮らしが主流となるのは、せいぜい数百年前に遡る「つい最近」の出来事であるにすぎない。
 だとするならば、文書という道具は、具体的に、いつ、どのようにして、わたしたちの暮らしに浸透するようになっていったのだろうか。また、文書使用の普及によって、わたしたちの考え方や感じ方、あるいは社会の在り方にはどのような変化が生じた(あるいは生じなかった)といえるのだろうか? この講義では、文書と人間の歴史を取り巻く諸問題に焦点を当て、文書管理実践論の視点から考察を進めていく。
科目の到達目標 文書と人間の歴史を取り巻く諸問題を中心に、文書管理実践論の考え方や特徴について基礎的な理解を得ることを目標とする。
受講要件 読み書き能力、紙と生存、読書史・書物史、発展途上国と文書の問題などに幅広く関心のある学生を対象とする。
事前・事後学修の内容 下の「参考図書欄」に挙げている書籍は、いずれも講義内容についての理解を深める上でとりわけ有益と考えられるので、学期中に通読することを推奨する。
講義内容 『人間と文書の歴史』

序論: 文書管理実践論の視点

セクション1: 生存・リテラシー・文書
 1-1 現代社会と「読み書き」の位置づけ
 1-2 「読み書き」と発展
 1-3 紙と生存の関係
 1-4 リテラシー・スタディーズと文書管理アプローチ

セクション2: 文書とはどのような道具なのか?
 2-1 図・数字・文字の特徴
 2-2 図的表現とレイアウト
 2-3 ヒトの心と紙の上の世界
2-4 書面の向こう側にあるもの

セクション3: 現代世界と文書
 3-1 文書を信頼する社会
 3-2 近代化と紙の洪水
 3-3 途上国と文書
3-4 産業社会と文書

まとめ:人間と文書

評価方法 〈成績評価〉
・平常点(セクションごとの課題・小テストなど)60%、期末課題(試験、レポートなど)40%の割合でポイント化し、総合評価に基づいて成績を算定する。
・単位取得の最低ラインは全体ポイントの60%以上。
教科書等 参考図書
① 中村雄祐 2009 『生きるための読み書き 発展途上国のリテラシー問題』 みすず書房。
② 齋藤晃編 2009 『テクストと人文学 知の土台を解剖する』 人文書院。

その他の参考図書については、講義の中で適宜、関連文献リストを配布する。
担当者プロフィール 専門は人類学(ラテンアメリカ地域)、文書研究。
現在の研究テーマ:『近代ラテンアメリカにおける文書管理実践の史的展開』
具体的には、スペイン、ペルー、ボリビアに保管されている文書史料を手がかりに、中世ヨーロッパを発信源とする公文書管理システムのラテンアメリカ世界への移植・変容・融合の過程を通時的に辿ることにより、ラテンアメリカの植民地化・独立という史的プロセスについて歴史人類学の視点から捉え直す作業を進めている。

備考