科目名 比較民族学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 吉江 貴文
履修時期 後期
履修対象 3年次以上
概要 『文書と人間の歴史:応用編』

・前期科目『比較民族学1』で講義する「文書と人間の歴史」の内容をベースに、特定の時代、特定の地域における事例にもとづいて、文書の役割や特徴についての具体的な考察を行う。

・具体的には、下記に参考図書としてあげている文献資料を取り上げ、受講生による分担発表を行ってもらいます。

・この授業は演習形式をとる。
科目の到達目標 ・文書管理実践論の基本的な考え方やアプローチの特徴などについて、具体的な事例研究を交えながら、理解を深めていく。
受講要件 前期科目「比較民族学Ⅰ」の講義内容を前提にして授業を進めるので、当該講義をあらかじめ受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 各回に予定されている資料等の予習・復習を十分に行って授業に参加することが必須となる。
講義内容 『文書と人間の歴史:応用編』

・本講義は、下記の「教科書等」欄に挙げた参考図書を中心に、講読演習形式で授業を進める。
・各受講生には、半期のあいだに複数回の発表が回ってくる。発表にあたり、各受講生は担当箇所の資料についての講読、内容のまとめ、および発表資料の準備を行う。各回の授業は、発表内容についてのコメントおよび質疑応答等を中心に進める。そのため、各受講生は課題資料の講読、コメントの準備等の予習を十分に行って授業に臨むことが必要となる。
評価方法 〈成績評価〉
・平常点(発表、コメント、議論への参加など)60%、期末課題(試験、レポートなど)40%の割合でポイント化し、総合評価に基づいて成績を算定する。
・単位取得の最低ラインは全体ポイントの60%以上。
教科書等 参考図書
① 中村雄祐 2009 『生きるための読み書き 発展途上国のリテラシー問題』 みすず書房。
② 齋藤晃編 2009 『テクストと人文学 知の土台を解剖する』 人文書院。

その他の参考図書については、講義の中で適宜、関連文献リストを配布する。
担当者プロフィール 専門は人類学(ラテンアメリカ地域)、文書研究。
現在の研究テーマ:『近代ラテンアメリカにおける文書管理実践の史的展開』
具体的には、スペイン、ペルー、ボリビアに保管されている文書史料を手がかりに、16世紀以降のスペインを発信地とする公文書管理システムのラテンアメリカへの移植・変容・融合の過程を通時的に辿ることにより、ラテンアメリカの植民地化・独立の歴史プロセスについて人類学の視点から捉え直す作業を進めている。
備考