科目名 音楽人類学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 福岡正太
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 日本を含む世界のいくつかの音楽や芸能を例として取り上げ、人間はなぜ音楽を奏でてきたのかについて考える。特に、20世紀を通じて、それらがどのように変化しつつ伝承されてきたのかを知り、現代の私たちの音楽表現における「伝統」の意味について考える。授業は講義形式でおこなう。
科目の到達目標 グローバル化する世界において他者を理解する1つの入り口として音楽が重要であることを理解し、世界の多様な音楽に注意深く耳を傾ける態度を養う。
受講要件 様々な音楽や芸能のビデオ等を視聴するので、それらに真剣に耳を傾けられること。音楽についての経験・知識の有無は問わない。ほかの文化人類学関係の講義を受講しておくことが望ましい。
事前・事後学修の内容 講義で取り上げる音楽・芸能について、CDやDVDあるいはウェブ等で視聴し、ジャンルの概要について調べてみる。
講義内容 第1回 音楽とは何か
第2回 民族と音楽―小泉文夫の民族音楽学
第3回 ミュージカル―ことばとうた
第4回 ことばの表現様式の多様性
第5回 うたで紡ぐ社会―A.シーガーの音楽人類学
第6回 タイタニック―音楽と階層
第7回 アイルランド音楽の再生
第8回 リバーダンス―伝統を世界の舞台へ
第9回 高橋竹山―津軽の「匂い」
第10回 津軽三味線とロック―現代日本社会における伝統
第11回 「怒」―大阪浪速の太鼓集団
第12回 マイノリティと音楽
第13回 伝統の復興―カンボジアの影絵芝居
第14回 無形文化遺産としての音楽芸能
第15回 日本のガムラン―地球時代の民族と音楽
※授業の順序等は変更することがある。
評価方法 講義中に時間を設け、講義内容および取り上げた音楽について小レポートを提出させる。どの程度真剣に耳を傾け、現代社会における音楽についての考えを深めたかという観点から、小レポートに基づき評価する。
教科書等 特になし。
担当者プロフィール 国立民族学博物館教員、民族音楽学、東南アジア研究専攻。現代インドネシアにおける伝統音楽の展開について関心をもつ。
備考