科目名 音楽人類学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 非常勤講師 福岡正太
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 世界の音楽には、普段私たちが親しんでいるやり方では捉えることのできないリズムがみられる。いくつかのリズムの例を取り上げ、その構成原理について考える。リズムという具体的な表現の例を通して、世界の文化的表現の多様性への理解を深め、グローバル化する世界における他者理解の大切さと難しさを知る。授業は講義形式でおこなう。
科目の到達目標 普段聴いている音楽の常識から離れ、世界の多様な音楽のリズムを理解し楽しむための基礎を築く。
受講要件 様々な音楽や芸能のビデオ等を視聴するので、それらに真剣に耳を傾けられること。音楽についての経験・知識の有無は問わない。ほかの文化人類学関係の講義を受講しておくことが望ましい。
事前・事後学修の内容 講義で取り上げる音楽・芸能について、CDやDVDあるいはウェブ等で視聴し、そのリズムの特徴をつかんでみる。
講義内容 第1回 息を合わせる
第2回 リズムをきざむ―拍
第3回 リズムはめぐる―拍子
第4回 三線とうたと太鼓と―異なるリズムの重ね合わせ
第5回 ジャズと行進曲―リズム感の違いを生み出すもの
第6回 バタックの太鼓―リズムの掛け合い
第7回 ガムラン(1)―おしりで合わせるリズム
第8回 ガムラン(2)―伸び縮みするリズム
第9回 ガムラン(3)―繰り返しと変化
第10回 テイク・ファイブ―足し算のリズム
第11回 トルコ風ブルーロンド―リズムの足し算と割り算
第12回 西アフリカの太鼓―リズムの交差と衝突
第13回 ヘミオラ―3:2のリズム
第14回 ターラ―リズムの方程式
第15回 リズムの常識と非常識
※授業の順序等は変更することがある。
評価方法 講義中に時間を設け、講義内容および取り上げた音楽について小レポートを提出させる。どの程度真剣に耳を傾け、現代社会における音楽についての考えを深めたかという観点から、小レポートに基づき評価する。
教科書等 特になし。
担当者プロフィール 国立民族学博物館教員、民族音楽学、東南アジア研究専攻。現代インドネシアにおける伝統音楽の展開について関心をもつ。
備考