科目名 ジェンダーとセクシュアリティ
単位数 2.0
担当者 教授 ヴェール・ウルリケ
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  本講義では、ジェンダーとセクシュアリティ、つまり「男」「女」、「異性愛」「同性愛」などを文化的社会的に作られたカテゴリー(範疇、区分)として捉え、その「自然さ」「当たり前さ」を問う。ジェンダーとセクシュアリティの概念・規範・制度は歴史や現代社会においてどのように形成され、再生産されてきたか、学際的に検討する。また、ジェンダー・セクシュアリティと、人のアイデンティティ、差別・被差別に関わる他のカテゴリー(とくに、民族、人種)との関係について考える。
科目の到達目標 様々な社会・文化現象、自己と他者との関係、歴史と現在を「ジェンダー・レンズ」を通して見ることを学ぶ。規範的なジェンダーとセクシュアリティが作り出され、強要されることによって損・得するのは誰なのか、ジェンダーとセクシュアリティは私たちを取り巻く社会と文化においてどう作用しているか批判的に見る目を養う。
受講要件 とくになし。
事前・事後学修の内容 *積極的に授業に参加する(とくに、グループ・ディスカッションへに参加し、その結果報告をする)こと。
*毎回の授業内容を次回までに復習すること。
講義内容 第1回 この授業について
第2回 ジェンダーとセクシュアリティとは何か
第3回 「良妻賢母」の歴史
第4回 「男らしさ」の近代史
第5回 国民国家とジェンダー・民族(1):「良妻賢母」と「慰安婦」
第6回 国民国家とジェンダー・民族(2):日本軍「慰安婦」制度被害者の証言を聞く
第7回 国民国家とジェンダー・民族(3):映画鑑賞など
第8回 専業主婦とサラリーマンの戦後史
第9回 教育とジェンダー・セクシュアリティ
第10回 クィア理論からみたジェンダーとセクシュアリティ(特別講師 河口和也)
第11回 文化に潜むジェンダー・セクシュアリティ:芸術の場合
第12回 文化に潜むジェンダー・セクシュアリティ:ハリウッド映画の場合(映画鑑賞)
第13回 文化に潜むジェンダー・セクシュアリティ:ハリウッド映画の場合(討論)
第14回 総論
第15回 テスト

*上記のスケジュールは仮のもので、変更の可能性がある。
評価方法 一回の期中テスト(記述式。講義内容や授業で議論したことの理解度を測るもの)。
教科書等 とくになし。
担当者プロフィール 出身はドイツで、専門は日本を中心としたジェンダー史研究です。
主な研究・関心は、日本フェミニズムの歴史と思想、宗教とジェンダー、国民国家とジェンダー、戦時中におけるドイツと日本のジェンダー史、日本の反原発運動にみられるジェンダー、女性の平和運動・反原発運動とジェンダーなど。
備考