科目名 労働と社会
単位数 2.0
担当者 国際学部 湯浅正恵
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 みなさんは「労働」と聞いてどのようなイメージをもつでしょうか。大学を卒業してみなさんの多くが労働することになるでしょうし、既にアルバイトでいろいろな労働を体験した人もいるでしょう。労働とは苦しみ?義務?権利?生きがい?夢?人によってそのイメージも意味も様々かもしれません。この講義では、人間が生きるうえで「労働」がどのような意味をもつのか、異なる社会、異なる時代における労働を比べながら考えていきます。そして現代日本社会における労働とは異なる仕事や活動を紹介しながら、社会と労働のあり方を、自らの人生の問題として具体的に考える契機としてもらえたらと思います。
科目の到達目標
自らの人生、人とのつながり、社会、歴史、世界という大きな視点から、働くことを考えることができるようになること。
受講要件 「社会学」「国際社会論I・II」と合わせて受講することにより、理解はより一層深まります。
事前・事後学修の内容 必要に応じて講義で資料を渡します。また講義の中で課題を出し、数回短いレポートを提出してもらいます。
講義内容
1. イントロダクション:いのちをつなぐ働くこと
2. 現代日本の労働1
3. 現代日本の労働2 
4. 現代日本の労働3 
5. 現代日本の労働4
5. 前近代の労働1
6. 前近代の労働2
7. 近代の労働1
8. 近代の労働2
9. 日本人がはたらく1
10.日本人がはたらく2
11.日本人がはたらく3
12. 現代の様々な仕事と活動1
13. 現代の様々な仕事と活動1
14. ゲストスピーカー
15. まとめ
  
評価方法 平常点30点、と期末テスト(もしくはレポート)70点。
教科書等 参考書 
ドミニク・メーダ、『労働者会の終焉』、法政大学出版会、2000年
宮本常一 『生業の歴史』 未来社 2004年
塩野米松 『失われた手仕事の思想』 中公文庫
今野晴貴 『マジで使える労働法ー賢く働くためのサバイバル術』イースト・プレス 2009年
伊藤洋志 『ナリワイをつくるー人生を盗まれない働き方』東京書籍 2012年
担当者プロフィール ずっと働くこととについて悩んできました。
やっと最近ふっきれた気がしています。そうすると、能動性と共同性を兼ね備えた働くことの喜び、そうした小さな「ユートピア」が最近あちこちに見えてきました。
備考