科目名 マスメディア論
単位数 2.0
担当者 国際学部教授 井上 泰浩
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  メディア、マスコミュニケーションの歴史、実態、役割、影響力、そして問題点を授業で解説します。現代のマスメディアに対する理解を深め、メディア・リテラシーを高めるきっかけにしてもらうことが目的です。
 メディアと私たちの関係は変化し続けています。インターネット、そしてソーシャルメディア(twitterやfacebookなど)が生活の中に入り込み、人間の行動や関係が大きく変化し、そして、新聞やテレビのマスメディアも大転換を余儀なくされています。そして、これからもメディアは変化し、社会を変革していきます。変化の渦中の全体像をつかみ、問題点を理解することを目指します。
科目の到達目標 メディアの一面に焦点を当て掘り下げることが授業の目的ではなく、多面的にマスメディアの全体像を学んでもらうことを目標とします。
受講要件 新聞、テレビ、ラジオ、広告、映画、インターネットなどのメディアに興味があることが必要です。また、新聞を読み、テレビニュースを視聴し、ネットでさまざまな情報に触れるようにしてください。
事前・事後学修の内容 日々起こる事件や事故のニュース、社会現象の報道に対して、受身になることなく常に接していることが重要です。
講義内容 ・ マスメディアの歴史 コミュニケーションの変遷(1)
・ テレビ テレビの半世紀の歴史と産業構造、問題点、ネット・デジタル化による将来の姿。また、テレビのコンテントがどのように「作られるか」を理解する。(2-5)
・ ラジオ 初めて時空を越えるメディアとして誕生したラジオの歴史からインターネットとの融合までを概観する。(6)
・ 新聞 新聞業界はどのようになっているのか、事件や出来事はどのようにして記事になっていくのかを説明する。(7-9)
・ 広告 広告業界の構造とメディアとしての広告・広報・PRの解説。(10)
・ インターネット 新しいメディアであるインターネットについて理解する。(11)
・ マスメディアの構造 新聞、テレビ、ラジオだけではなく、書籍、音楽、広告、インターネットなど身の回りをマスメディアが取り囲んでいることを知る。(12)
・ 報道と取材のウラ メディアの社会的、政治的機能を踏まえた後に、ニュースにどのような偏向要因が入り込み学び、客観報道などありえないことを理解する。(13)
・ ジャーナリズムの役割と課題 メディアの健全な機能なくしては民主主義は成り立たない。人権、国民の知る権利、報道の自由という複雑な関係を考える。(14-15)
評価方法 授業参加(受講票等)30% 小課題もしくはクイズ20% 小論文50%
教科書等 参考書:井上泰浩『メディア・リテラシー 媒体と情報の構造学』(日本評論社、2004年)
担当者プロフィール 全国紙記者を経てミシガン州立大学でマスメディア学の博士号を取得。専門は、メディアの影響・心理学(テレビや広告などのメディア・コンテントが人間のイメージ形成や行動にどのような影響を与えるかなど)、国際コミュニケーション(メディアによる情報の世界流通が政治や文化にどのような影響を及ぼすか)、政治コミュニケーション(キャンペーンや情報操作による政治や外交の問題など)、ジャーナリズムなど、幅広く取り組んでいます。現在の研究テーマは、原爆投下の国際報道比較、ソーシャルメディアと社会変化など。
備考