科目名 中東アラブ研究Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 田浪亜央江
履修時期 前期
履修対象 2年次
概要 近年、恐い・危ないといった形容詞が付いてまわる中東・アラブ世界。メディアによって伝えられるそうしたイメージと、現地の人々の意識や実生活とのあいだには、大きなギャップがある。この社会について知ることは、想像よりはるかに深く中東・アラブ世界にコミットし、その影響を受けている日本社会を問い直すことにもつながる。
本講義では、いくつかの場所・空間に注目し、その政治・文化と人々の移動やネットワークのダイナミズムを追いながら、この地域を捉えるための基本的な視点を提示したい。
科目の到達目標 中東・アラブ世界の地政学的特徴が頭に入り、この地域に関する情報・報道の読み取りに生かせるようにする。今後、この地域に関する歴史的な背景をより深く学んでゆくための入り口として、複眼的な観察力を身につける。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 授業内容に関連する新聞記事や論文などを随時配布するので、各自読んで学習を深めること。
講義内容 1. 日本のなかの中東・アラブ世界 日本と中東・アラブの出会い
2. メッカ:イスラームの聖地の今と昔
3. ペルシャ湾岸諸国の経済発展と人の移動
4. ペルシャ湾とアメリカ・日本
5. カイロとスエズ運河:植民地主義とアラブ・ナショナリズム
6. エルサレム:多様性と共存の歴史
7. パレスチナ被占領地とイスラエル
8. モスクの社会的役割と聖所・墓地
9. 「ホスピタリティの国」ヨルダンと難民
10. バグダード:千夜一夜の町、戦争の同時代史
11. 中東・アラブ世界のポップカルチャー・若者文化
12. アラブ世界のメディア・検閲・SNS
13. 中東・アラブ世界と西欧
14.〈中東〉〈アラブ〉というアイデンティティ 
15. 広島から中東・アラブ世界を見る視点
評価方法 リアクションペーパー(40%)、学期末筆記試験(60%)
教科書等 教科書は使用しない。授業で用いるパワーポイントの内容を一部ハンドアウトとして配布。
担当者プロフィール 大学在学中にシリア・ダマスカス大学留学。大学院在学中にパレスチナ(イスラエル)留学。職歴として、国際交流基金中東専門員、外務省語学研修所(アラビア語)等。
備考 明らかに授業を聞かずに記入したリアクションペーパーは無効とするので、そのつもりで臨むこと。