科目名 中東アラブ研究Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 田浪亜央江
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 「中東アラブ研究I」に引き続き、本講義では、この地域に関わる基本的な視座を得ることを目標とする。
後期は広大で多様なこの地域が現在抱えている問題の原点として、パレスチナ/イスラエルに注目する。単にパレスチナ問題の歴史的背景を学ぶだけではなく、これに関わる中東アラブ諸国やその人々の立場や反応に注目し、この地域の現代史の現代史の全体像をつかんでゆく。
科目の到達目標 パレスチナ問題の歴史的な背景と経緯を知り、中東・アラブ地域について把握するための視点を得る。さらにパレスチナ問題が現代世界全体にどのように関わっているのかを知り、国際的な報道に接するさいのリテラシーを身につける。
受講要件 中東アラブ研究Iを履修していること。
事前・事後学修の内容 授業内容に関連する新聞記事や論文などを随時配布するので、各自読んで学習を深めること。
講義内容 1. パレスチナ問題と現代世界
2. 多文化・多民族の帝国オスマン
3. ヨーロッパにおけるユダヤ人問題
4. シオニズム運動とその経緯
5. 委任統治制度とパレスチナ
6. イスラエル建国と難民問題
7. アラブ・ナショナリズムとパレスチナ
8. 占領とパレスチナ・ナショナリズム
9. 湾岸諸国とパレスチナ
10. 湾岸戦争とパレスチナ問題
11. イスラエルの政策と国際社会
12. イスラーム復興運動とパレスチナ
13. 日本社会とパレスチナ、国際社会
14. 日本社会とイスラエル、国際社会
15. まとめ
評価方法 リアクションペーパー(40%)、学期末筆記試験(60%)
教科書等 教科書は使用しない。授業で用いるパワーポイントの内容を一部ハンドアウトとして配布。
担当者プロフィール 大学在学中にシリア・ダマスカス大学留学。大学院在学中にパレスチナ(イスラエル)留学。職歴として、国際交流基金中東専門員、外務省語学研修所(アラビア語)等。
備考