科目名 ラテンアメリカ研究Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 吉江 貴文
履修時期 前期
履修対象 3年次以上
概要 ・歴史的・民族的・文化的に多様な要素で構成されるラテンアメリカ世界の形成プロセスについて、スペインによる植民地化が始まる16世紀から現代までを中心に、歴史人類学および地域研究の視点にもとづいて考察を進める。

・講義全体は4つのセクションから構成される。それぞれのセクションの概要は以下の通りである。

 《セクション1:ラテンアメリカ地域の概要》
  現代を中心にラテンアメリカという地域の構成や特徴について、地域研究の視点から包括的に把
  握する。

 《セクション2:二つの世界の出会い》
  現在のラテンアメリカ世界の礎が築かれる征服初期(16世紀)から植民地期(19世紀初頭)を中
  心に、ヨーロッパとアメリカという二つの異なる世界の出会いがもたらす衝突・折衝・融合のプ
  ロセスの歴史的な意味合いについて、異文化対話の可能性という視点から考察する。

 セクション3: 国民国家と先住民
  ラテンアメリカ諸国がスペイン植民地からの独立を果たす19世紀以降に焦点を当て、国民国家の
  形成プロセスと先住民との関係を軸として、近代世界におけるラテンアメリカの位置づけにつ
  いて考察する。
 
 セクション4: 二つのアメリカ―20世紀以降のラテンアメリカ社会
20世紀に台頭する「北の巨人」こと、アメリカ合衆国との関係を中心に、現代ラテンアメリカ諸  国の国際社会における位置づけについてマクロな視点から捉え直す。
科目の到達目標 人類学および地域研究の視点から、ラテンアメリカ世界の成り立ちについて包括的な理解を得ることをねらいとする。
受講要件 ラテンアメリカの歴史や文化に関心のある学生を対象とする。
事前・事後学修の内容 スペイン語の資料を多く用いるので、その基礎的素養を備えていることが望ましい。
講義内容 序論: ラテンアメリカと地域研究

セクション1: ラテンアメリカの概要
 1-1 「ラテンアメリカ」という対象設定
 1-2  インディアスからラテンアメリカへ
 1-3  統合と拡散のダイナミズム

セクション2: 植民地期―二つの世界の出会いと異文化対話の可能性
 2-1 新大陸の「発見」とグローバル化
 2-2 「インディオの人間性」と文化相対主義
 2-3 ヨーロッパとアメリカ―異文化対話の可能性

セクション3: 近代国家の形成と多民族社会
 3-1 メスティソ論と国民的アイデンティティー
 3-2 人種化される「インディオ」と近代ヨーロッパのまなざし
 3-3 多民族国家論と先住民運動

セクション4: 二つのアメリカ―20世紀以降のラテンアメリカ
 3-1 映画『敵こそ我が友』を観る
 3-2 アンデス山脈とナチス問題をめぐる戦後史
 3-3 ボリビアのコカ・ナショナリズムと対米関係
3-4 二つのアメリカ

まとめ: 21世紀のラテンアメリカに向けて
評価方法 〈成績評価〉
・平常点(セクションごとの課題・コメント・小テストなど)60%、期末課題(試験、レポートなど)40% の割合でポイント化し、総合評価に基づいて成績を算定する。
・単位取得の最低ラインは全体ポイントの60%以上。
教科書等 参考図書:
国本伊代・中川文雄編著 2005 『ラテンアメリカ研究への招待 改訂新版』 新評論。
増田義郎著 1998年 『物語ラテン・アメリカの歴史 未来の大陸』 中公新書。
網野徹也著 2008年 『興亡の世界史12 インカとスペイン 帝国の交錯』。
担当者プロフィール ・専門は歴史人類学(ラテンアメリカ地域)、文書研究。

現在の研究テーマ:『近代ラテンアメリカにおける文書管理実践の史的展開』
 スペインおよびラテンアメリカ諸国の文書館に保管されている史料を手がかりとして、中世ヨーロッパを発信源とする公文書管理システムが、近代ラテンアメリカの行政・司法領域にどのようにして組み込まれていったのかを明らかにすることにより、ラテンアメリカ世界とヨーロッパとの史的関係性について歴史人類学の視点から捉え直す作業を進めている。
備考