科目名 アフリカ研究Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 田川 玄
履修時期 前期
履修対象 2年
概要  アフリカは、人類にとって最も古く最も新しい土地です。最も古いとは、アフリカ大陸は類人猿から現生人類に至る進化のゆりかごとなり、そこから人類は世界に広がっていったということです。人類史的に見れば、私たちの起源はアフリカ大陸にあります。
 一方、これまで私たちの社会には、社会進化論的な考えにしたがい、アフリカとは「近代文明」が発達していない「昔のまま」の「遅れた」場所であり、アフリカの人びとが救われるためには早急な「近代化」が必要であるという、ある意味で「救い難い」見方があります。しかし、現実はその逆なのです。確かにアフリカは、世界システムの「周縁」に位置づけられ、その影響を過敏に受けていますが、それはアフリカが世界の最末端ではなく最先端であることを意味します。アフリカこそがわたしたちの「未来」なのであり、その現状を理解しない限り、人類全体に未来はありません。つまり、アフリカは人類にとって最も新しい土地なのです。
 しかし、アフリカを一枚岩に捉えてはいけません。そこには実に多様な生活世界が築かれているからです。もしかして、そこにこそ未来へのヒントがあるのかもれません。
科目の到達目標 アフリカの多様な姿を知るだけでなく、現代社会のあり方を問い直したいと考えています。
受講要件 この講義でアフリカ地域の概要もお話ししますので、アフリカ研究Ⅱの受講希望者には先にこちらを受けることをお勧めします。
事前・事後学修の内容 日常的にアフリカについての情報に触れることはあまりないかと思いますが、アフリカと日本は同時代にあることを意識して、新聞、テレビに限らず、授業外や学外でもアフリカに関する情報に積極的に接するように心がけて下さい。
講義内容 主な内容は次のものを予定しています。

1.イントロダクション アフリカへの招待
2.自然
3.人類進化の地
4.ことば
5.アフリカの歴史をどのように捉えるのか
6.アフリカの歴史の概要
7.西アフリカの中世の諸王国
8.大西洋の奴隷貿易の開始
9.中間航路とは何か
10.奴隷貿易の影響
11.探検と植民地化
12.食文化
13.映像からアフリカを感じる
14.特別講師の授業  アフリカ現代音楽家を招いて
15.まとめと課題

変更する場合もあります。
詳細については初回の授業でお話します。必ず出席して下さい。
(年度によっては課外授業を行う場合もあります。)
評価方法 中間レポートあるいは中間試験30%
期末試験あるいはレポート50%
授業での参加姿勢、発言内容、受講票の記述内容20%
教科書等 教科書は指定しません。
参考書
  田川玄、慶田勝彦、花渕馨也編2016『アフリカの老人』九州大学出版会
  松田素二編 2014『アフリカ社会を学ぶ人のために』世界思想社。
  宮本正興他編1997『新書アフリカ史』講談社現代新書。
  川田順造編1999『アフリカ入門』新書館。
  このほかの参考書は授業中、適宜示します。
担当者プロフィール 専門は文化人類学です。北東アフリカのエチオピア南部で10年以上、フィールドワークをしています。
備考