科目名 応用言語論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 岩井 千秋
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 応用言語学は、第二言語(外国語、L2)の「習得」、「学習」、「使用」に関わる学際的なテーマを扱います。前期の応用言語論Ⅰでは、これらのうち主にL2の「習得」と「学習」を中心に、応用言語学の1)研究背景、2)理論基盤、3)研究理論の応用と実践の3つに焦点をあて、具体的事例を示しながら、また受講生によるグループ課題にも取り組んでもらいながら、講義を進めます。受講生参加型の授業を目指して、毎回の授業で出席クイズを実施するほか、アンケート調査なども適時行います。(授業形態「講義」)
科目の到達目標 1.応用言語学とはどのような学問であるかについて知識を深めること。
2.L2の学習・使用に対する関心を高め、自らL2学習者として学習した内容を実践すること。
3.言語を切り口に、国際学部生として世界や地域に関わる問題を考えること。
受講要件 特にないが、外国語の学習や使用に関心のある方を歓迎。遅刻は厳禁、心して授業に臨むこと。
事前・事後学修の内容 1.授業では相当量の参考資料を配布します。事前に読んで授業に臨むこと。
2.教科書の指定する箇所を事前に読んで内容をまとめた上で授業に臨むこと。
3.授業で焼く15程度の「自由課題」を出すので、このうち4つ以上に取り組み、課題を提出すること。
講義内容 次の内容を中心に授業を行う。
1 (イントロ) 応用言語学とは-「目標としての言語」と「対象としての言語」
  (合わせて、外国語学習状況と言語に対する意識調査の実施)
テーマ1 応用言語学の理論背景と研究事例
2 言語研究の開拓者
3 構造主主義、行動主義、言語相対論、そして応用言語学
4 Chomsky の言語観と応用言語学

テーマ2 応用言語学の理論基盤
5 L1(母語)とL2(第二言語)習得の異同
6 L2習得で生じる様々な現象
 
テーマ3 L2を「学ぶ」
7 L2習得における個人差
8 L2学習と使用における「方略(Strategies)」
9 L2学習方略の理論と実践
10 L2コミュニケーション方略の理論と実践

テーマ4 L2を「使う」
11 L2使用に求められる伝達能力
12 L2使用における2つの間違い:error vs. mistake
13 社会言語学的能力と語用論的能力 
14 L2 習得に成功した人たち
15 前期応用言語論のまとめ
評価方法 授業での課題(30%)、出席(10%)、授業参加度合い(20%)、学期末試験(40%)。 4回以上の欠席は、無条件で不可。
教科書等 白井恭弘(2008)『外国語学習の科学』 岩波新書
その他、授業で各種ハンドアウト配布。また、本講義用ウェブサイトで、適宜、推薦図書や参考文献を紹介。
担当者プロフィール 第二言語の学習・習得、使用についての研究。研究モットー:「言語は『観察だ』」。授業での口癖:「目標言語と恋に落ちよ!」毎朝勉強中の言語:「韓国語」。週1で勉強中の言語「手話」。現在の研究課題: Oral communication and performance, and strategy use. 主要著書:『第二言語使用におけるコミュニケーション方略』。さらに詳しくは: http://chuck-hcu.jp/
備考