科目名 翻訳論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 横山 知幸
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 テキストや資料を読みながら、英日翻訳に関わるごく基本的な諸問題を概観する。授業形態は、「講義」を中心とするが、「演習」的な作業も加える。説明に使用する英文は、出来るだけ中学高校レベルのものを用いるが、和訳練習作業に用いる英文はもう少し難しいものも用いる。
科目の到達目標 翻訳に関する基礎知識を身につける授業である。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 テキストや資料等は事前に熟読しておくこと。また、十分授業内容を復習してからレポートを作成すること。
講義内容 1 受講生の学力把握と授業形式の説明
2 翻訳とはどのようなものか、具体的にイメージしてみる。
3 初歩の英文和訳といわゆる翻訳とは、どのように違うのか考えてみる。 
4 初歩の英文和訳といわゆる翻訳の違いを、実例で確かめてみる。1[文法的逐語訳]
5 初歩の英文和訳といわゆる翻訳の違いを、実例で確かめてみる。2[代名詞、呼称詞]
6 初歩の英文和訳といわゆる翻訳の違いを、実例で確かめてみる。3[名詞と動詞]
7 よい翻訳とはどのようなものか、具体的に考えてみる。1[視点]
8 よい翻訳とはどのようなものか、具体的に考えてみる。2[文末焦点]
9 よい翻訳とはどのようなものか、具体的に考えてみる。3[話法]
10 よい翻訳とはどのようなものか、具体的に考えてみる。4[受動態]
11 よい翻訳とはどのようなものか、具体的に考えてみる。5[名詞構文]
12 誤訳を防ぐにはどのようにしたらよいか、教訓を得る。1[中間言語]
13 誤訳を防ぐにはどのようにしたらよいか、教訓を得る。2[語順]
14 長文の翻訳練習
15 まとめとレポートの書き方。
評価方法 出席とレポートによる。レポートの書き方は授業中に説明する。

評価基準の概要
可:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出した場合。
良:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されている場合。
優:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されており、なおかつ、執筆者独自のきちんとした調査・分析・考察などが多少なりとも含まれる場合。
秀:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されており、なおかつ、執筆者独自のきちんとした調査・分析・考察などが十分含まれる場合。
教科書等 教科書:別宮貞徳『さらば学校英語:実践翻訳の技術』ちくま学芸文庫、2006年.
担当者プロフィール もともと日本人はどのように英語を読んで理解するのかを研究してきた。その中で、初歩の英文和訳から一般の翻訳までの「広い意味での翻訳」が見せてくれる多彩な魅力に引き付けられ、現在のような授業を担当するようになっている。
備考 この授業でも多少の翻訳練習はするが、これとは別の「英文法論」という授業で、文法を基礎とした中級程度の翻訳練習を行うので、中級レベルの翻訳練習に興味がある学生は、そちらも受講してほしい。さらにそれ以上のレベルの翻訳演習を希望する場合は、横山のゼミを受講して欲しい。少人数のゼミでなければ、十分な練習量が確保できない。