科目名 翻訳論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 横山 知幸
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 まず日本人がどのようにして翻訳を行ってきたのかを、日本語の文献を用いて、歴史的・理論的観点から考える。そして、ある程度の理解が得られた段階で、様々なリソースを駆使しながら、比較的読みやすい英文(受講生のレベルが高い場合、多少難しい英文も扱う)を、ある程度の水準の日本語に訳してみる。授業形態は、「講義」を中心とするが、「演習」的な作業も加える。
科目の到達目標 歴史的・理論的知識を身につけ、各種のリソースを駆使することができるようになることをねらいとする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 資料等は事前に熟読しておくこと。また、十分授業内容を復習してからレポートを作成すること。
講義内容 1 翻訳と発想の転換
2 日英語の表現構造の違い1[訳読のメカニズム]
3 日英語の表現構造の違い2[文法的比喩と名詞構造]
4 日英語の表現構造の違い3「視点の取り方の違い」
5 翻訳と文学1[中間言語文学]
6 翻訳と文学2[直訳の創造性]
7 翻訳と文学3[翻訳文学の流れ]
8 翻訳の及ぼした日本語への影響1[主語の発生]
9 翻訳の及ぼした日本語への影響2[文と文末表現の発生]
10 コンピュータ/ネットワークと翻訳(機械翻訳や電子辞書などを含む)
11 図書館やインターネット上の翻訳関連リソースを利用するための基礎知識
12 長文の和訳練習1
13 長文の和訳練習2
14 長文の和訳練習3
15 まとめとレポートの書き方
評価方法 出席とレポートによる。レポートの書き方は授業中に説明する。

評価基準の概要
可:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出した場合。
良:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されている場合。
優:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されており、なおかつ、執筆者独自のきちんとした調査・分析・考察などが多少なりとも含まれる場合。
秀:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されており、なおかつ、執筆者独自のきちんとした調査・分析・考察などが十分含まれる場合。
教科書等 教科書は特に定めず、必要な資料は適宜配布する。
担当者プロフィール もともと日本人はどのように英語を読んで理解するのかを研究してきた。その中で、初歩の英文和訳から一般の翻訳までの「広い意味での翻訳」が見せてくれる多彩な魅力に引き付けられ、現在のような授業を担当するようになっている。
備考 この授業でも多少の翻訳練習はするが、これとは別の「英文法論」という授業で、文法を基礎とした中級程度の翻訳練習を行うので、中級レベルの翻訳練習に興味がある学生は、そちらも受講してほしい。さらにそれ以上のレベルの翻訳演習を希望する場合は、横山のゼミを受講して欲しい。少人数のゼミでなければ、十分な練習量が確保できない。