科目名 言語比較論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 欒  竹民
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 時代ごとに文字、音韻、文法、語彙などの面から日本語の歴史及びその変遷の実態を巨視的に見ると共に、言葉の作用と性質にも触れます。日本語の生い立ち、日本語の面白さを知ってもらうことを主眼とします。更に、言語文化学的な見地に立って、中国語と日本語との比較を通して両言語の語彙に見える文化的、象徴的意味を探り、言葉の背後にある文化の作用及び文化と言葉の関係を考えます。
授業形態:講義
科目の到達目標 「知彼知己」と言われるが如く、外国語を知るには先ず母語を知る必要です。中国語と比較しながら、日本語における漢字の歴史、漢字の役割、漢字の変遷などについて理解する。それによって、日本語とは何かについての認識、日本語歴史への関心、日本文化の認知において役立つことになります。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 人間は言葉で考え、言葉で対話する。言葉の素養を養い、言葉に興味を持つこと。更に、予習、復習などをちゃんとやること。
講義内容  1日本語の系譜1
 2日本語の系譜2
 3中国語の系譜
 4漢字の誕生1
 5漢字の誕生2
 6漢字の伝来1
 7漢字の伝来2
 8漢字の受容1
 9漢字の受容2
 10漢字からの脱皮――仮名の誕生1
 11漢字からの脱皮――仮名の誕生2
 12国字の生成 
 13角筆のみちびく世界1
 14角筆のみちびく世界2
 15まとめとレポートの書き方
  

評価方法 ショート・プレゼンテーション、小論文、授業中の積極性などを加味して評価します。
教科書等 教科書:特になし。必要に応じてプリントを用意します。
参考書:沖森卓也編『日本語史』『資料日本語史』(桜楓社)
    佐藤喜代治編『国語史上・下』(桜楓社)、角田太作著『世界の言語と日本語』(くろしお出版)、
    安本美典・本多正久著『日本語の誕生』(大修館書店)、中本正智著『日本語の系譜』(青土社)
担当者プロフィール 日本語学(現代日本語、日本語史)を専攻。主として日本語の文法、語彙、意味、漢語の意味史、言語文化という見地からの日中両国語の比較対照、などについて研究。主要論文「中国語との比較による奈良平安鎌倉時代に於ける漢語の意味変化に就いての研究」、「「覚悟」の意味用法の通時態」、「日本語に於ける「道」の受容と展開-「芸道」の生成を一階梯として-」、「中日両国語に於ける「和平」と「平和」について」、「漢語の意味変化について―「迷惑」の続貂―」
備考