科目名 通訳技法論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 渡辺 智恵
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 本講義では、通訳という行為を異文化間コミュニケーションの視点からとらえつつ、通訳にまつわるさまざまな問題について考察する。後期の授業では、特に英語と日本語の比較や発想の違いについて検討したい。また同時に、通訳というコミュニケーション活動に対する理解を深めることおよび英語力の向上を目的として、日英・英日通訳の実践練習を行う。
科目の到達目標 ・英語と日本語の発想の違いや言語表現にみられる違いについてより深く理解する。
・より難しい内容について、日英・英日通訳ができるようになる。
受講要件 通訳技法論Ⅰをすでに履修していること。
事前・事後学修の内容 毎回3〜7つの課題(与えられたテーマについての短いレポート、ディクテーション、ディクテーションの修正、ディクテーションの和訳、通訳ガイドの単語学習・シャドーイングなど)が課せられる。課題は授業の前々日までに渡辺研究室に提出のこと。
講義内容 第1週 オリエンテーション
第2週 言語表現にみられる日英比較(10)、応用通訳練習(7)日英
第3週 言語表現にみられる日英比較(11)、応用通訳練習(7)英日
第4週 言語表現にみられる日英比較(12)、応用通訳練習(8)日英
第5週 言語表現にみられる日英比較(13)、応用通訳練習(8)日英
第6週 言語表現にみられる日英比較(14)、応用通訳練習(9)英日
第7週 言語表現にみられる日英比較(15)、応用通訳練習(9)日英
第8週 言語表現にみられる日英比較(16)、応用通訳練習(10)英日
第9週 言語表現にみられる日英比較(17)、応用通訳練習(10)日英
第10週 言語表現にみられる日英比較(18)、応用通訳練習(11)英日
第11週 言語表現にみられる日英比較(19)、応用通訳練習(11)日英
第12週 言語表現にみられる日英比較(20)、応用通訳練習(12)英日
第13週 言語表現にみられる日英比較(21)、応用通訳練習(12)日英 
第14回 同時通訳パフォーマンス大会
第15回 まとめ
評価方法 授業参加度25%、課題提出25%、テスト50%で評価する。
教科書等 適宜プリントを配布する。
担当者プロフィール 英語教育学(TESL/TEFL)を専攻。CALL利用による英語教育、日本人英語学習者のリーディングのプロセス、通訳訓練の英語教育への応用を主な研究テーマとしている。
備考