科目名 フランスの文学と文化
単位数 2.0
担当者 国際学部 教授 大場 静枝
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 18世紀のフランス文学について学びます。絶対王政が綻びを見せ始め、フランス革命へと突き進んでいく激動の時代に生まれた文学作品について、小説を中心に講読、解説をします。モンテスキュー、ヴォルテールルソーらの名の知られた啓蒙哲学者たちの実験的な小説から、アベ・プレヴォー、ベルナルダンド・サン・ピエールなど日本では認知度の低い作家の大衆小説まで、揺籃期にある小説作品を取り上げることで、フランス文学の多様性と意外性、魅力を理解していきます。講義内容に沿って、教科書とプリント(文学作品の抜粋)を使って授業を行います。また、授業で取り上げる小説やこの時期の文学作品のいくつかについては、映像資料を使って視覚的に理解していきます。
科目の到達目標 ・フランス18世紀の小説について、作品の解釈を通して、異なる視点で作品を読めるようになること。
・内容を深く知り、考察し、自ら解釈できるようになること。
・アンシアン・レジームという時代の時代精神(思想や文化など)の一端を学ぶこと。
受講要件 特にありません。
事前・事後学修の内容 教科書、プリント(小説の抜粋)を使って授業を進めます。あらかじめ指示された個所を読んで、授業に臨んでください。また、教科書の指定範囲を読み、ノートに整理して下さい。
講義内容 第1回 ガイダンス(授業の方針、評価など)、ベルサイユ宮殿の映像
第2回 フランス18世紀の歴史と文学I
第3回 フランス18世紀の歴史と文学II
第4回 モンテスキューの生涯と代表作について
第5回 『ペルシア人の手紙』の分析
第6回 アベ・プレヴォーの生涯と代表作について
第7回 『マノン・レスコー』の分析
第8回 オペラ鑑賞と解説 プッチーニ作曲『マノン・レスコー』
第9回 ヴォルテールの生涯と代表作について
第10回 『カンディード』の分析
第11回 ルソーの生涯と『新エロイーズ』
第12回 ベルナルダン・ド・サン=ピエールの生涯と代表作について
第13回 『ポールとヴィルジニー』の分析
第14回 ミュージカル鑑賞と解説 バーンスタイン作曲『キャンディード』
   (前半:自然の悪と人間の悪について)
第15回 ミュージカル鑑賞と解説 バーンスタイン作曲『キャンディード』
   (後半:エルドラドを経て「庭の教訓」へ)、授業のまとめ
評価方法 期末試験:70%(小説の解釈:論述の適切さを評価します)
平常点:30%(授業への積極的参加度、受講票の記述内容を評価します)
教科書等 植田祐次編『十八世紀フランス文学を学ぶ人のために』世界思想社
文学作品の抜粋については、プリントを配布します。
参考文献は、授業内で適宜紹介します。
担当者プロフィール 専門はフランス18世紀文学、フランス・ブルターニュ地方をフィールドとした地域文化研究。著書:『フランス女性の世紀』『二つのケルト』『ヨーロッパ世界のことばと文化』(いずれも共著)など。
備考 受講生の積極的な参加、継続的な出席を期待します。