科目名 英文法論
単位数 2.0
担当者 教授 横山 知幸
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 「翻訳英文法」を学び、日本語と英語に対する理解を深め、直訳しか出来ない状態から抜け出し、少しは自然な日本語に訳せる状態になることを目指す。授業形態は、「講義」を中心とするが、「演習」的な作業も加える。理論と実践を結びつけようと試みる。
科目の到達目標 英文法の知識を翻訳実践等にに結びつけることをねらいとする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 テキストや資料等は事前に熟読しておくこと。また、十分授業内容を復習してからレポートを作成すること。
講義内容 1 受講生の学力の把握、教科書と授業形式の説明
2 英文和訳で多くの奇妙な日本語が生じる理由
3 語順/名詞
4 所有格/of+名詞
5 無生物主語/“A Good Swimmer”
6 代名詞
7 関係代名詞
8 形容詞・副詞(1)-述語的に訳す場合など
9 形容詞・副詞(2)-比較の表現など
10 時制/受動態
11 仮定法
12 話法
13 強調、省略構文
14 接続詞
15 まとめとレポートの書き方
評価方法 出席とレポートによる。レポートは、まとまった英文の和訳を中心としたものになる。

評価基準の概要
可:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出した場合。
良:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容がある程度反映されている場合。
優:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容がかなり反映されている場合。
秀:規定の出席数を満たし、規定の書式・分量・内容のレポートを提出し、レポートの内容に授業の内容が十分に反映されている場合。
教科書等 教科書:安西徹雄『英文翻訳術』ちくま学芸文庫(文庫化される前のタイトルは『翻訳英文法』)
担当者プロフィール もともと日本人はどのように英語を読んで理解するのかを研究してきた。その中で、初歩の英文和訳から一般の翻訳までの「広い意味での翻訳」が見せてくれる多彩な魅力に引き付けられ、現在のような授業を担当するようになっている。
備考